地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年06月28日

高森町民バス尾下線記事行方不明


根子岳を仰ぎながらゴルフ場の横を走る高森町民バス尾下線。
ツイッターにも投稿したこの画像、ブログにも掲載したはずなのですが、検索しても見つけられません。



冬枯れの中を走るバス。秘境路線バスをゆく3にも掲載いただいた写真です。



牧戸馬渡間の橋。同じ高森町民バスの草部南部線水湛~水迫の橋にも劣らない隘路です。

てなことをキャプション付けて、雑誌の発売以降に掲載したつもりなんですが、
下書きの中にも掲載一覧の中にも見つけられないのです。キツネにつままれた気分。

産交バスや高森町民バスで検索してみてもヒットせず、原因不明です。
当ブログ内のどこかで見つけたら教えてください。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 18:12Comments(2)高森町民バス

2017年06月14日

下山 行き止まり感の最高峰


阿蘇の外輪山、奥に見える盆地は、久住から竹田の付近。



バス通りぽくない細道。



下山バス停。



産交観光。



3便あった尾下線、夕方の便は予約制の乗合タクシーに。
殆どの人が、朝から街に出て、昼便で帰ってくるということですよね。



左に寄せてギリギリを突っ込んで、



回って、



戻ります。乗って体感しましょう。感動します。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 18:41Comments(0)高森町民バス

2016年08月09日

大道で高森町民バス河原線紹介完了


高森町民バス、河原線、路線図で見ると、独自区間はたったのこれだけなんですよ。バス停6つ。
大道→上玉来市野尾黒岩味鳥河原→上玉来→大道の一方向循環で。



2016年お盆のダイヤが発表されていますが、高森町民バスは8月15日も通常運行。
すなわちここ河原線とか、草部南部線とかに乗るチャンスなわけです。
今年は11日も山の日で祭日です。行けるかなー。みなさん行ったら肉も食べてくださいw


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)高森町民バス

2016年08月08日

月廻り公園


月廻り公園、6月23日訪問時は、震災のため当分休業。



そして、公園から周辺の施設土地から温泉からゴルフ場まで、
全部まとめて売り出し、30億から50億ってのもざっくりとした値付けですよね。
さらに言うなら、30億を出した時点でそれより高い値段では買わんですし。



田楽と温泉館は営業中。



月廻り公園



阿蘇五岳が見えるはずなんですが、まあ天候によってはこういうこともあります。
それもまた一期一会だと思えばよいのですよ笑。



色見循環が通るほかに、郊外向けの便が温泉館まで行き来するので、
本数はあります。非常に偏ってますけど。10時台に5本来て、2時間半空きとか。



産交仕様のこの路線図、高森に関してはまったく役に立たないのではないかと思います。
地理的な方向感覚や距離感を無視していることも問題ですし、
吉見神社とか社倉とか天神とか、運用も難しいんですよ、高森町民バス。



バスとゴーカートで競走してみたい、と思う私w


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)高森町民バス

2016年08月07日

天神(高森)


天神。道真さんが祀ってさえあれば、北野だろうが太宰府だろうが古賀だろうが高森だろうが、
天満宮は各地にあるのでしょうけれど、なんとなく福岡の中心が、私の天神。



なので、こういうバスが走っている風景が、天神なのは違和感があるとともに、
ちょっと記録しておこうという気にもなります。



パチンコ高映。高は高森からきてるんですかねー。



高森の町内連絡に走るバス。住民の利便性が上がることは望ましいことなのですが、
高森町民バスの運行に影響を及ぼすというのであれば、話は別です。
憎悪の対象にだってなり得ますw



街の中心部。高森峠方面へ登ると、宮崎県の高千穂、
阿蘇の東側に回れば宮地から大分方面へ。県境の町なのです。

高森町民バス、郊外線は高森中央から天神へ回るルートなので、
この景色でバスが正面を向いているのは、色見循環の片方向だけです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)高森町民バス