地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年09月11日

草部郵便局前


郵便局。バス停。熊本の防風林は、なぜか美しく均等に直立しています。



走り抜けて隘路へ。消防団の車庫。



バス停に戻る。



高森から登ってきて通過し、菅山をひと回りしてから戻ってきます。



草部郵便局前。



カーブ。



運送会社。



郵便局。



鐘。



ここが第一分団一部。中心地です。



車通りのない場所で撮影場所を決めたら、こういうことをして、、、すみません嘘です。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)高森町民バス

2018年09月10日

吉見神社前


鳥居を背に坂道を登り、横には小学校跡の校門。



鳥居から、



境内へ、



下ります。珍しいです。



初代草部南部小学校校歌。



学校のほうが高台。



バス停。



吉見神社前。



朝の便は高森温泉館まで行きます。



奥もバス通りの坂道。



標高635米。



グラウンド。



国道方向への道。



芹口さん。個人でのスポンサードですか。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)高森町民バス

2018年09月09日

水迫


はじめて草部南部線に乗ったときから、ずっと撮りたかった風景。
当時の舗装はコンクリートで、
「そのまま農家の倉庫かなんかに突っ込んで終わりそうな道です。」
と表現させていただきました。

■当該記事
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e507255.html



ではなぜ撮らなかったかというと、すぐ手前に橋があるんです。
草部南部線のハイライトといえる狭い味のある橋が。



だもんで、その橋でバスが走り去るのを待つと、こちら側でバスを待つのは不可能なのです。



バス停の向こうが、田園風景。



水迫。



3便。



菅山側からやって来て、取首を経由して国道325号へ、そして高森方面へ戻るのが草部南部線です。

■草部南部線
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1926614.html


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)高森町民バス

2018年09月08日

水湛


阿蘇の外輪山なんですけど、ここは高原というよりは、深い谷なんですよね。草部南部線。



そして雨上がりの橋。蒸せるような空気管が伝わりますでしょうか。



バス停は分岐点。



水湛(みずたまり)。
うちのパソコンでは変換できないので、都度「たたえる」と打って湛の字を出しています。



3便。



交差点には一軒家。



愛想のよいワンコ。



バスが進むほう。



来るほう。

水湛の集落は、バスが走らないほうにあるようですが、行ったことがありません。
バスが走らないので。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)高森町民バス

2018年09月07日

芹口2018


銀杏が茂り、夏草が伸びて、さらに狭い雰囲気。



まあ実際に狭いわけです。リエッセ限界。



ガードレールの有無がヒヤヒヤ感を大きく左右するということは、
やはりガードレールの設置は安全運行に有用だってことですよね。



芹口で折り返して、戻り。



そして走り去ったら、撮影のため当方はダッシュで車に戻り、このバスを追いかけます。
なんたって1日3便しかないですからね。2時間あまりの1周行程を、
何か所で捕捉できるかによって撮れ高が大きく動くんですよ。



だからこういうバス停周囲写真は、だいたいバスが来る前に撮っているか、
もしくはバスを追いかけ終わってから、再訪して撮っているかいずれか。
どちらにせよ、けっこう非効率なことをやっています。



芹口。ちゃんとバス停も新しく。

■芹口2010 うわもう8年も前なのか!
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e507237.html



路線によっては3便目がなくなったり予約制のタクシーになったりしてますが、ここは3便健在。



待合のようであって、待合でないようなもの。



木陰で乗客のおばちゃん待機。



大樹。どれくらいの歴史を、ここで眺めてきたのかなぁ。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)高森町民バス