地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年05月03日

祭りのあと


西鉄車両の路面電車と赤バスの並走を熊本で見る贅沢。
両方とも貸切で、タイミングを合わせながら走ってくださった中、
ちょうど車両全体が見えるタイミングにシャッターを押せた幸運。

http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2041715.html



もう思い残すこともないので、路面電車で集合場所に向かいます。



乗る車両も戻ってきて、



路面電車も回送で上熊本の車庫に戻ります。乗せてもらえればさらに良かったですかね。



上熊本駅で、都市バスと並ぶ西鉄の赤バス。不思議な光景です。



大牟田に戻って、運転士さんと記念撮影。ありがとうございました。

以上をもちまして、2018年4月15日、
「西鉄バス廃止路線完全復活祭#6山鹿ローカルと言いつつ本当のメインは西鉄路面電車との並走」
の記事を終了させていただきます。お読みくださった皆さま、ありがとうございました。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(2)大牟田熊本都市バス

2018年01月13日

大牟田駅で「25」南関を惜しむ


南関からバスで大牟田駅前へ。明るいうちに惜別乗車の意味も込めつつ。



「25」はもともと庄山(南関)往きなので、末端が廃止になっても影響を受ける人は少ないのかも。



最終便も普通に10名ほどの乗客がありましたが、マニア以外は庄山までで全員降りました。



そしてダイヤ改正がおこなわれても、まったく変わらない本数。
もともと大牟田庄山までの往復がメインで、そこに南関をくっつけた設定だったのでしょうね。
いちばん狭い草村付近ですれ違ったり、南関で1時間待機したり、不思議なダイヤ組みでした。



そして最終便を南関で見送り。4名のバスマニアにて。
これまでは停泊だったバスも、この日は営業所に回送されていきます。
出発前に運転士さんがこちらに手を振られときが、廃止の寂しさをいちばん感じた瞬間でした。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)大牟田ダイヤ改正

2018年01月12日

落合(大牟田)


県道。



落合。



ランドマーク大事だと思う私は、南関あげが外せません。



井下ストアー。



鍼灸整骨院だと違和感ないのですが、カイロプラクティックだと場違いな気がするのは、田舎への偏見。



県道5号線は曲がってますが、バス通りは直進。



新年を迎える準備がなされています。幟の氏子も井下さん。



橋の幅といい、ひとけた県道のわりに狭いと評していいでしょうか。
いやひとけた県道のほうが県境を越えることがあるのでこういうのが日常的なんでしょうか。
バスですらまともに検証できないのに、興味の対象だけは広がる一方です。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)大牟田ダイヤ改正

2018年01月11日

小原下


のどかな景色と言いたいところですが、バスはそれなりのスピードで疾走しています。



新道から旧道を眺める醍醐味。



バス停は道端。



石材商が複数あるということは、このへんの地質が何か良いのでしょう。



小原下。



大牟田側隣の草村の手前で離合するダイヤでした。
ということは庄山打ち切りになっても、ダイヤ改正せずに数分待機で折り返せるということです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)大牟田ダイヤ改正

2018年01月10日

南関交差点と南関迎町


道路看板と馬さしの看板あたりに熊本県感を演出したいのですが、いかがでしょうか。



逆光の「25」南関は、仲間バス停あたり。ここも廃止区間です。



南関交差点脇のバス停、



南関迎町。



まだ交通センターまで直行できる素晴らしさ。



正月特別ダイヤでは、大幅に減らされてますけどね。運転士さんも休まないと。



交差点の先にも西鉄のバス停。



南関交差点。



大牟田までこちらは残ります。



向かい側は西鉄と産交の並立。



南関ターミナルへ向かう産交のバス停は、交差点の手前に。



そして馬さしに並ぶ人たち。大晦日の風物詩なのでしょうか、初めて来た私はその人数に面喰いました。



大牟田交通時代の名残が、昨年末にひとつ消えました。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)産交バス大牟田