地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年04月08日

駅西口(大牟田)


到着する「駅西口」止め。



折り返し、三池港行きになり、若い女性たちに流れる「お前じゃない」感(笑)。



彼女たちが行きたいのは、イオンモール大牟田
中学高校が春休み中、という時期的なものもあったのでしょうが、
なかなか旺盛な利用状況だと思います。

当方としては、帝京までの未乗区間を解消するにあたって、
あんまり女子ばっかりたくさん居たら乗るのやめようかな、て懸念してましたんで、
ひとりを除いてみんなこっちに乗り込んだ時点で、一安心。



ということで、帝京大学福岡キャンパス行きは、乗客ふたり、うちひとりは変態。



毎回撮る構図。大牟田/大牟田駅で検索したときにヒットしないのは、
問題なのではなかろうかと、九州の時刻表で検索するたびに心配。



三方向に行く路線図ですが、イオンモール大牟田と帝京大学は、徒歩数分。



路線の兼用ってことを考えると、普通の授業に出席する時間なら帝京行きに乗って、
イレギュラーな時間帯ならイオンモール行きを使って歩く、ってのが正しいのですかね。
午前中は、イオンモールの直後に帝京、って設定もあるので、
イオン行くのに30分近く待つくらいなら乗ってしまったほうがよい場面もありそう。

特急との接続対応でダイヤを組むと、どうしても時刻が近接しますよね。久留米も然り。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 14:24Comments(0)大牟田

2017年04月07日

帝京大学福岡キャンパス 路線新設から丸一年経ってやっと


医療系のイメージなので、きっと女子が多いだろうと思いまして、
福岡女学院直行まではいかなくても、乗るのハードル高いかなと心配だった直行。
帝京大学福岡キャンパス行き。乗客私と写真の彼女のふたり。杞憂。



到着してバスは折返し駅西口行きに。



大牟田駅西口にしか行けませんので、方面すら必要ないかも。



路線図が必要なのかどうか。
ユーティリティを考えれば、ゆめタウンに立ち寄るのもよいのでしょうが、
あくまで大学生輸送に特化しておいた方が、安全確保になるのかも。



10時38分は、1限だけで帰る人対応なのでしょう。
このくらいの本数で足るということは、そんなに学生さんの人数自体が多くないのか。



補講か、もしくは土曜や祝日の振替授業か、とにかく平日休めない人でも乗れる設定日。
ホリデーアクトパス所有者は、この日を狙うのがよいかと。
土曜日が休みでない私には関係のない話、と個人的には興味薄。



ちょっと遠くから撮ってみましたが、大雨なので、すぐ屋根のある場所に戻っておしまいです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:37Comments(0)大牟田

2016年05月23日

荒尾駅前のバス


西鉄の路線バス待機。



乗り場が3つありますので、並んで撮れるタイミングがないかな、と期待するわけですが、
ちょうど路線バスが出発した直後に、高速の福岡空港行きがやってきました。
出発したばかりの西鉄路線バスが、大正町のバス停に停まっているのが、左隅に見えますでしょうか。



そしてやってくる、産交おなじみのリエッセ。
ということで、西鉄が3分ほどもたもたしてくれていたら、3台揃ったということですw



写真撮影で思うのは、
1、廃止になったり本数が少なかったりして、撮影のチャンスが稀な場所に、
路線バス車両を借り切って走らせることで、シャッターチャンスを逃さないようにする。
2、バス停で停まっている姿を入念に撮影できるように、
乗降に手間取るサクラを雇って、撮影完了まで運転士に因縁をつけてもらう。

お分かりの通り、ロクなこと考えて生きていません。



空港からの荒尾行きと、空港に行くものが揃うタイミング。



三池炭鉱の世界文化遺産登録が、観光客増加の契機になることを願います。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 23:23Comments(0)大牟田

2016年05月23日

荒尾駅前


荒尾駅の、



バスのりば、3つ。
1、荒尾市内・玉名・長洲方面
2、大牟田方面
3、高速バス 福岡空港行



荒尾市内バスの乗り継ぎ案内。
どこに需要があるのかを拾うのは、難しいところだと思います。
本当にたくさんの移動需要があるのであれば、直通を走らせればよいわけで。



バス停一覧も。



まだ一応、八幡台経由と長洲経由で玉名までの路線が存続。



荒尾駅前からの直通は、すでにありません。
このブログを書き出した当初は、荒尾地区から玉名駅前まで、
平日は4系統走っていたのですが。



シティモール行きの系統が多すぎて、覚える気はありません。



こちらは西鉄。



2と4。三池中町の辺りは道が拡がる気配があります。



福岡空港までの高速バスは、1時間~1時間半に1本。
大牟田駅前からだと、天神行きのバスが走ってないことに妥当性があるのですが、
荒尾駅前だと、直通バス走ってくれるなら乗ってもいいかな、という気もします。
実際は、みなさん大牟田乗換で西鉄電車を使うのでしょうが。



新大牟田駅前までのバスが少ないので、高速バスも利用可能になっています。
「なりました」って書こうとして、そんな最近のことでもないよな、と思いまして、
でも「利用可能です」だと、以前は可能じゃなかったことが表現できないですし、
普段から誤字脱字も含めて適当な表現を繰り返す当ブログですが、
たまに細かいところが気になります。バランスとしてはあまり良くないです。



来たバスと、行くバス。バスに関しては、次に続けてみます。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 19:19Comments(0)大牟田

2016年05月21日

西原


貨物は三池港へ。三井三池港務所。線路跡をくぐるバス。



西原、産交バス。



と思って反対に回ると、西鉄バス仕様。



西原交差点



鏡でも使わないと、



裏表感は表現できませんね。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)大牟田