地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年06月11日

百刈


百刈。

産交観光というのは、産交バスの地方不採算路線を行政が残そうとした際に、
一度路線バスとしては廃止した体裁にして、補助金を出して観光バス会社に運行を委託する、
という形式を採用した名残です。バスに乗る人は少なくても、走らなくなると寂しい人は多いのです。



実質2便。



熊本のアスファルトが白いのではなく、雪がうっすらと積もっているのです。



どこかしこ頼りなげなくまモン。



対面に集落が在るバス停でも、茂みのほうだけ切り取れば、ほら秘境、という卑怯。



ドコモのアンテナ。



つながることが価値。



バスが走ってくることも価値。



朝、スタッドレスタイヤでも恐る恐る走らねばならない道も、



昼前にはこういう状態になるわけで、非日常の風景を撮る難しさを感じます。
そこに出くわす運と行動力、伝わる写真を撮る技術、掲載する情熱。

どれもなくても、なんとなく10年続くブログもあります。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)産交バス高森町民バス

2018年04月30日

山鹿バスセンター脇


山鹿のバスセンターでバス撮影。珍しいものか一般的なものか全くわかっておりません。



後姿。



ちなみに西鉄バスは、このような位置関係で路上に停車しております。
これで間に福岡と熊本の県境でもあれば100点でございますが。

岩野多久のローカル線訪問を終え、地域の皆さまとの交流も叶い、
西鉄山鹿の位置やバス発着所の思い出も振り返り、すでに当方は満足しておりました。

■荒平でのできごとはこちらから
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2041710.html

ですので、この後に運営さんが「熊本の都心に赤バスを走らせます!行きたいかー!!」
と煽られた際も、まあ確かに面白いかもねー、ってくらいの淡々としたテンションでした。

ここから先が、この復活祭のメインプログラムだとも知らず、、、。

つづきます。
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2041714.html

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)産交バス

2018年01月10日

南関交差点と南関迎町


道路看板と馬さしの看板あたりに熊本県感を演出したいのですが、いかがでしょうか。



逆光の「25」南関は、仲間バス停あたり。ここも廃止区間です。



南関交差点脇のバス停、



南関迎町。



まだ交通センターまで直行できる素晴らしさ。



正月特別ダイヤでは、大幅に減らされてますけどね。運転士さんも休まないと。



交差点の先にも西鉄のバス停。



南関交差点。



大牟田までこちらは残ります。



向かい側は西鉄と産交の並立。



南関ターミナルへ向かう産交のバス停は、交差点の手前に。



そして馬さしに並ぶ人たち。大晦日の風物詩なのでしょうか、初めて来た私はその人数に面喰いました。



大牟田交通時代の名残が、昨年末にひとつ消えました。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)産交バス大牟田

2018年01月09日

南関ターミナルと車庫


南関の年末廃止に注目して新年を迎えましたが、南関にいるからにはこちらにも眼を。



高田まで12キロ、瀬高まで14キロ。



この道もバスが走ります。



そしてうから館からやってきたバスと対面。



ターミナルは、



何も変わらないことに価値があります。



とはいえ新道はすでに東側に整備されていてここを拡張する必要もなく、
車通りが増えないのでここを新装する需要もなく、
ある意味、放置しても何も支障が出ないからこそ残っているわけです。



南関産交の標示が残っていますね。いま集合住宅が建っている、南関上町バス停のところ。



もう使われていないバス時刻表。



現在のもの。



南関ターミナルも、すっかり産交のものになった感。



北原白秋碑、と書いて不安になりましたが、間違っていても誰も困りますまい。



うから館側に全て寄るようになったため、この商店街を抜けないのは残念。
そう思っているのが日本に何人いるかは知りませんけど。



大牟田交通の名残も。



ちょっと進んで、クリーン精米屋。



奥に車庫。



リエッセもポンチョもいないので、1台隠せばそれなりに昔のような気分になれませんかね。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)産交バス

2017年11月20日

蔚山町


路面電車とトンネル。



蔚山町(うるさんまち)。当たり前のように読んでましたけど、読めます?



バス停。カテゴリーは産交と都市バスで。



ここはバスより路面電車に注目。じゃあ車両を待てよ、って話なんですが、



この日、寒かったんすよ。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 20:20Comments(0)産交バス熊本都市バス