地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年11月16日

福岡徳洲会病院


新しい病院。



バスをアップ。



ひと回りして待機場所調整。



バス停2本。



難しいぞ路線図。ただ位置関係として南福岡が純粋に南下していないことはよく伝わります。



博多埠頭までこんなに戻りませんけど、天神に寄り道している感じがよいです。



45-1と46-1が毎時1本くらいという認識で、



よいと思います。



ただ南北両方向に同じ番号が来るので、注意喚起。



リカバリーの方法はたくさん知っているつもりですが、バスはよく乗り間違えます私。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 22:07Comments(0)福岡緑

2017年11月16日

桜ヶ丘公民館前


平日だけの区間、井尻駅の南。



桜ヶ丘公民館前。



道端。



アンジェリカ。



まどか号。

「46-1」の独自区間に乗りに来ているので、ざっくり撮って終わりです。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)福岡緑

2017年10月18日

福岡市最東端の西鉄バス停:今里


JR南福岡駅から、「43」の福岡方面に乗りまして、



「今里」。いちど大野城市に出てからまた福岡市に戻ってきて最初のバス停なので、
福岡市内限定の一日乗車券も使えます。



福岡空港方面は40分に1本ほど、そして月隈小学校通学用の月隈行き。さらに撮影してるオッサンの影。



金の隈三丁目、表記には「の」が入ります。



バス停のすぐそばに境界線ありそう。



近くに設置された住宅地図で確認。



大野城市側まで、この距離感です。

で、このバス停、福工大前駅とか土井とかあっちの方より東にありまして、福岡市最東端のようです。
ちなみに西鉄バスに限定しないと、JRバスの「筑前蒲田」がいちばん東。
わたくしの肌感覚とはまったく一致しませんな。地図見ても福岡市域の傾きに違和感あります。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 22:55Comments(0)福岡緑

2017年07月21日

立花寺(りゅうげじ)


難読の名作、って別に読ませない意図をもって地名を決めているわけでもないでしょうが、
簡単な文字しか使っていないのに素直に読ませないりゅうげじ立花寺。



空港方面のバス停を撮ろうとしたら、バス来ました。常に成り行き行き当たりばったり。



バス見送って、あらためて。



外環の交差点が近くを貫いて景色が変わったはずなんですが、
景色が変わると共に私の記憶も消えることが常なのです。



いちど南福岡駅に寄って、寿町二丁目は二度通って雑餉隈営業所に行くのだと伝えたい路線図。
実際の寿町付近はただの道路の両側に停車しますので、離れてはいません。



雑餉隈営業所まで行かないのが多少あるんですが、これは勤務時間調整でしょうか。



空港の近くなので、周辺にはたくさんの調整地。



この土地の分布地図も見たら何か楽しいでしょうか。



飛行機、頻繁に飛び立ちます。



「43」南福岡と福岡空港の連絡線としての立ち位置は少なそう。
西鉄大橋と国際線を結ぶバス路線は、特急が停まるようになったら繁栄しますかね。



こういうの、そそられませんか。秘密の1本ぽくて。
休校日以外運行って把握するのが難しいですが、学校ある日だけ運行ってことですよね。



空港と博多駅両方に行けるのは便利ぽい路線図。実態とはちょっと離れて。



なんやかんやと長いこといたら、最初に撮ったバスが空港で折り返して戻ってきました。
そしてまた飛行機が居ます。



ああそうか「43」空港は雑餉隈ではなく宇美持ちなんですね、とここで初めて気づくのです。
なんてわかったように書いたら、雑餉も担当してるなんてことは、ままあることです。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 20:06Comments(0)福岡緑

2017年06月01日

西鉄大橋駅であれやこれやと


最初は奇抜に見えたり違和感を覚えたりしても、長く居れば慣れます。



ツーステが懐かしいなぁ、とは長いこと言い続けるとは思いますが、
そのうち「やっぱり段差がない方がバス乗りやすいねぇ」と感じるトシになるはずです。



3番のりばに、福岡空港国際線ターミナル方面が。



「60」の快速運用扱いかと認識しておりましたが、表示は快速だけ。



車に乗らない人の方が、国際線ターミナルの近さに実感がないかもしれません。
天神まで電車で出て、地下鉄で福岡空港に行って、無料バスで国際線に回ると、
ああ空港はやっぱり遠いねぇ、って感じること間違いなし。



ただ、国際線路線ですので、インバウンドの観光地連絡が必要だと思うんですけど、
柳川くらいしか西鉄沿線に乗り換え需要が思い浮かばないのです。
太宰府は直通バスができてしまいましたし。



特急との連絡を考えれば、毎時2本は必須になります。
列車に考えなしで乗って、現地の駅に着いたらちゃんと乗り換えバスがあるかどうかは重要です。
いま柳川まで行っても、お花までのバスは毎時2本ありません。
少なくとも、「お花/白秋生家方面へのバス乗り継ぎが便利な列車」くらいのことを、
天神時点で知れればと思います。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 19:14Comments(0)福岡緑