地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年03月16日

飯塚バスターミナル外は雪


田川急行を降りまして、



バスターミナルの4のりば。田川方面。



特急と急行。



けっこう系統は多いのですよ。九工大行ったり近大行ったり伊藤さんち行ったり、
糸田の峠を避けて有安からトンネル方面に行くものも。



そして東側にある一般路線用のバス停が、



5番のりば。あいタウン前。



飯塚オートへのバスも。



上山田と愛宕団地と明治坑と。
北部は1番の経路と重なるところもありますので、
どちらのバス停からバスを乗るか選ばないといけない状況もあり得ます。



赤坂橋と柏の森ヒルズが同じ2番で、吉北団地と明治坑が同じ3番、
行先番号でもなく、系統番号と呼ぶにも共通区間短い気もしますが、問題が生じないならよいです。



隣にはJR九州バスの吉原町。
飯塚駅が大きく離れた場所にあるため、飯塚を名乗れずにいるのかなと推測します。



宮田方面からのバスが、新飯塚駅を終点としておしまいです。



新飯塚駅までバスで移動して、JRに乗り換えるなら、
バス区間はJR九州バスでなくてもよいと思います。本数も段違いですし。



この寄り添い方なのですから、もうすこし仲良くしましょう。



JR九州バス、紅いです。



遠賀川内住川の河川敷は、前日からの雪が残っていました。
いちおうこの写真にもバスが居ますが、見えますかね。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)筑豊

2018年03月15日

飯塚バスターミナル内部


西鉄飯塚バスターミナルが新しくなってから、初めて撮影に訪問しました。



のりばは3つに集約されています。



1番のりばは、飯塚駅方面など南の方に行くものという認知で。



路線図と時刻表も新しくてキレイです。と撮って満足して内容を検証しないのが私です。



2番のりばは、西から北の方へ。毛勝も赤池工業団地も坂の下もみんな一緒。



一般路線の乗り場は、このふたつでおしまい、あと東南方面は建物の外から出発です。



3番のりばは、福岡市内への優等系統。ほどんどが特急で、たまに急行。



素晴らしい本数ですよね。八木山トンネルを走っていても、
対向の筑豊特急の多さにはいつもワクワクさせられます。
ワクワクするのは言うまでもなく少数派でしょうが。



朝の通勤時間帯なんかは混むんでしょうなぁ。整列乗車の誘導列表示が、



けっこう長く描かれています。

外の乗り場については、次の記事で。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)筑豊

2017年06月26日

宮若の谷


集落の隅で待機。



ジャングルジムから撮るマニアの姿も。
宮田から十石を抜けて赤間に向かうバス路線の枝線だった谷。

昭和40年代、積み残しが出るくらい需要は旺盛だったにも関わらず、
なぜか廃止になっちゃったんですよー、とは当時を知る地元の方の声。

恐らくワンマン化を推進する中で、後退しなければ転回できない場所は、
ツーマンを維持しなければならないので廃止されたのではないかと。
あくまで推測にしか過ぎませんが。



道幅一杯のバスがゆっくりと進み、それを嬉々として撮影するマニア、
それを客観的に眺めている変態の私。



もう路線バスがここに復活することもないでしょう。



本線との分岐手前で、またバスに乗り込みます。
谷の集落から本線までが徒歩数分で、歩けないこともない距離なのも廃止の遠因かも。


  続きを読む
タグ :西鉄バス


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)筑豊

2017年06月25日

倉久春日神社循環


橋を渡るバスを見送って、



右折して倉久から、



田舎道を戻ってきます。ここもかつての西鉄バス路線



一面の紫雲英畑なのですが、鮮やかな色を表現するのは難しいですね。



最初の橋まで戻ると、そこが春日神社バス停です。現在は宮若市乗合バスが来ます。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)筑豊

2017年06月24日

宮田の橋


宮若市役所が終点になった直方の「10」。回送でこの道を走りますが、今日は貸切。



太蔵橋を渡って、乗車のために待機。横をJR九州バスが走り抜けていきました。
偶然ですが完璧なタイミングでした。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)筑豊