地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2008年11月13日

那の川


那の川のバス停は双子。行先の多さを物語っています。



天神方向。



清水町方向。交通量が多く、バスもひっきりなしに来るので、
定点撮影ポイントとしても楽しそうです。



那の川の新名所となるのか?かに道楽。ランドマークとしてのインパクトはあります。



百年橋方向のバス停には、のべ7箇所の管轄営業所が書いてあります。
67番は桧原、64番は片江、66番は那珂川、69・69-1は桧原・博多・百道浜、69の博多口行きは桧原。
ふだん金武と壱岐を半々ぐらい乗って暮らしているので、新鮮です。




同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事画像
御笠川
全体的に六本松
法務局前の日常
期待される六本松
蚕豆が見た六本松
黒門の車庫2017
同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事
 御笠川 (2017-07-26 21:26)
 全体的に六本松 (2017-07-19 19:05)
 法務局前の日常 (2017-07-18 22:16)
 期待される六本松 (2017-07-17 22:00)
 蚕豆が見た六本松 (2017-07-17 21:59)
 黒門の車庫2017 (2017-07-10 07:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。