地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年06月28日

高宮二丁目


高宮二丁目。



道路が広くなって、バスで走るのはとても快適ですが、
整備されるということと、画一化されるということは近接していて、
特異点こそが個性であり、ブログに取り上げやすいという観点からすると、
整然とした新しいバス通りほど、どういう切り口にするか悩みます。



ですから、どのバス停を採用するかの裁量権も私が持っている以上、
街なかで淡々と日常生活が営まれている、そこそこ本数も利用客もあるバス停の方が、
このブログでは注目されない結果となります。「

それは恐らく、祝福されることであって、
金武宿のように廃止される直前に注目と喝采を浴びたところで、
そこには何の喜びももたらされません。



「50」「51」「52」。



高宮二丁目。



嵐メンバーの名前に関わる神社が、糸島エリアにあることを知り、
バス停でやるとどうなるのか、ということを考えた際、福岡近郊に二宮がなかったため、
ここ高宮二丁目の裏焼きでどうにかならないか、ということで訪問してみました。

苗字にばかり拘泥していましたが、松潤ゆかりの糸島にある神社って、
「潤」のほうが大事なのですね。
小中高の同級生にも潤くんがいて、FBネタにしたこともあったのに、
ひらめきが足りないなあ、と反省。





同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事画像
御笠川
全体的に六本松
法務局前の日常
期待される六本松
蚕豆が見た六本松
黒門の車庫2017
同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事
 御笠川 (2017-07-26 21:26)
 全体的に六本松 (2017-07-19 19:05)
 法務局前の日常 (2017-07-18 22:16)
 期待される六本松 (2017-07-17 22:00)
 蚕豆が見た六本松 (2017-07-17 21:59)
 黒門の車庫2017 (2017-07-10 07:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。