地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年05月25日

大手門 八重桜2017


濠とビルと間にバスと。

誰かに必要とされないからといって、理由は大体の場合自身にあるはずですから、
それを嘆いたところで慰めてくれる人など居ないと考えるべきでしょう。
構ってくれる人がいたとしたら、むしろその人にとってのその行為のメリットを穿つべきかと。

とはいいつつも、こうやってブログを公開するということは、
この写真に誰か価値を見出してくれたらいいのに、という願望があることは否定できません。
それが少数派であることは自覚したうえで。



桜を撮って褒めてもらうのに最も必要なことは、
高価な機材でもカメラの腕でもなく、晴天に恵まれる運、もしくはその場に向かう情熱。
ということは、桜のシーズンずっと雨ということも稀でしょうから、
時間をどれだけやりくりできるかというマネジメント能力が求められています。
そういうのは、ちゃんと桜が撮影できるようになってから偉そうに述べてもらいたものです。



文章はその時の気分を投影しますので、書いているときのBGMは大事です。
本日は関取花さんの歌と共にブログを書いておりますので、
いつもより僻み多めでお送りします。
https://www.youtube.com/watch?v=mLwUpCJrEPM



で、書くことがなくなりました。



もてたい、やせたい、恋をしてみたい、すこしチヤホヤされてみたい。



なぜ私は、桜とバスを見ると、心が躍るのでしょうか。



食いしん坊ですが、食べてみたことはありません、どちらも。



父がこうやって常に夢見がちであること、息子たちはどういう気持ちで眺めているのでしょう。
自らの経験より、子が親を好きで居続けることに幻想を抱いてはいないので、
合理的に相互依存が継続できれば、それで充分です。とりあえず、自分に言い聞かす。






同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事画像
吉塚営業所のクリネックス
大手門の桜2018
舞鶴城内福岡市美術館東口の桜
渡辺通のバスを撮る
新六本松
雪のあとの都心
同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事
 吉塚営業所のクリネックス (2018-06-22 17:17)
 大手門の桜2018 (2018-06-18 17:17)
 舞鶴城内福岡市美術館東口の桜 (2018-06-17 17:17)
 渡辺通のバスを撮る (2018-04-25 06:06)
 新六本松 (2018-03-05 21:11)
 雪のあとの都心 (2018-02-21 21:37)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。