地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年12月11日

石崎


茂みに埋まりかけの「石崎」は民家の前。
ホリデーアクトパスを入手し、「400」に乗ることが増え、
JR二日市と朝倉街道の間はすっかりごぶさたしています。
地元でない私は、甘木に行くならもともと朝倉街道乗り換えですし、
関屋からの旧3号線は、途中に目的地がない限り、通ることがないです。



福岡都心からここまででも、そこそこの距離があります。
「40」はここまで3号線を走ってきて、
ここから分岐して甘木や杷木に向かって走ってたんだなぁ、
と遠い昔のことを追憶してみたり、っておそらく幼かった私、
数えるほどしか直通では乗っていないはずですけれど。

こんなキャプションを設けていますが、
写真は久留米側から石崎の交差点にアクセスしております。
ややこしゅうてすいませんのう。



朝倉街道から、バスがやってきました。



永岡を抜けて、筑紫に行く路線は、すでにありません。



そして、この写真に写っている「24」も、
今は朝倉街道や二日市に来ることはなく、
筑紫駅と浦の下、上西山を結んでいます。


同じカテゴリー(二日市)の記事画像
被災地杷木
水害後の浜川
西鉄自動車学校入校
南ケ丘五丁目
牛頸
大野南小学校前
同じカテゴリー(二日市)の記事
 被災地杷木 (2017-07-13 20:17)
 水害後の浜川 (2017-07-12 06:06)
 西鉄自動車学校入校 (2017-06-30 16:16)
 南ケ丘五丁目 (2017-02-12 23:14)
 牛頸 (2017-02-10 18:48)
 大野南小学校前 (2017-02-10 10:15)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(4)二日市
この記事へのコメント
ちょんびんさん〜浦の原じゃなくて浦の下ですよ!
でも、筑紫野市って結構複雑な地名が多いような。天山とか針摺とか。
Posted by かわせみ利用促進会 at 2010年12月11日 22:49
はい、いつもすいません。

なかなかこのいい加減さは治りませんね。
ちょっとへこんでますw
Posted by ちょんびんちょんびん at 2010年12月12日 08:34
こんにちは。

私にとっては通り慣れた風景ですね。小さいころは大分へ水分峠を越えて帰省するためのルート、高校時代は通学路、そして大人になってからは病院通いの道(笑)。とはいえ、バスで甘木方面へ赴く際は朝倉街道から乗ってしまうので、やはり私にとってもバスの空白地帯なのかもしれません。
高校卒業後に錦町(でしたっけ?)→朝倉街道で乗車してみた、[41]系統が唯一の思い出なのかも……。
Posted by Kassy at 2010年12月13日 20:19
Kassyさん、こんにちは。

生活道路としては非常に利用されてるんでしょうけど、
西鉄とJR療法の線路があるんで、
あまり拡張も大々的にできませんし、
結果、通貨需要を充足するためのバイパスは遥か遠くを通り、
地元でない私にとっては、ごぶさたする地域の筆頭格になってます。
「40」針摺~山家道の乗車回数のうち、
ここも一緒に乗ることって、1割もなさそうです。
Posted by ちょんびん at 2010年12月14日 21:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。