地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年10月04日

浦田


ひと世代前の匂いというか、懐かしい雑然とした雰囲気を残す「浦田」。
福岡空港方面からやってくると、正手のあたりの道路が整備されつつある中、
この辺だけ風合いの違う景色が広がっています。

この先、桜ヶ丘はまた、整然とした住宅地になるので、
その風景の対照が際立つよなぁ、と思いつつバスで通過します。



いろいろな業種の小売店が立ち並んでいる中、
バス停の前は空きテナント、そして高い塀の後ろは更地。
向かいにはタクシーの営業所、その後ろは近代的な高層団地。渾然一体。


同じカテゴリー(福岡茶)の記事画像
呑山観音寺 秋の紅葉
東新町 米山町
米一丸 主君一条殿の横恋慕
大和町 やまとちょうではなくやまとまち
坂本町から歩いて南下
月見町 時を止めて
同じカテゴリー(福岡茶)の記事
 呑山観音寺 秋の紅葉 (2017-05-13 06:06)
 東新町 米山町 (2017-05-12 06:06)
 米一丸 主君一条殿の横恋慕 (2017-05-11 06:06)
 大和町 やまとちょうではなくやまとまち (2017-05-10 06:06)
 坂本町から歩いて南下 (2017-05-09 06:06)
 月見町 時を止めて (2017-05-08 20:11)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)福岡茶
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。