地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年10月07日

坂本


工場や駅や病院や橋のバス停がある中、何もつかない「坂本」。
ということは中心地のようでもあるのですが、
バス停の後ろには2軒の家があるだけ、
ある意味一番何もない場所に、何もつかないプレーンな坂本があります。

坂本エリアは大きな路線改変が行われた中、
中谷橋で球磨川を渡り、川沿いを坂本駅まで行く路線だけが残り、
このバス停は10月からも現役で働いているはずです。



バス停から細道を進んで、肥薩線を渡る歩行者だけの踏切が、坂本踏切です。
ということはやはり、この辺がもとの坂本の中心地なのかと思います。
ただ、集落はゆるやかな油谷川に沿って建っており、
地名の元になった「坂」がどこなのかは、明らかではありません。

八代にしか行けなくなった坂本は、ちと味気ないです。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
川口二丁
水平社、主に食堂、そしてエスカレーター
上から水俣産交
君ヶ淵駐車場
三江湖と鼠蔵町
南平和町
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 川口二丁 (2018-09-22 07:07)
 水平社、主に食堂、そしてエスカレーター (2018-09-21 07:07)
 上から水俣産交 (2018-09-20 07:07)
 君ヶ淵駐車場 (2018-09-19 07:07)
 三江湖と鼠蔵町 (2018-09-18 07:07)
 南平和町 (2018-09-17 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。