地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年07月14日

宮の下


北浦から、海沿いを走るバスに乗って、「宮の下」へ。
海沿いといっても、波打ち際を走るわけではなく、
斜面の中腹に張り付いた集落を抜ける道です。



「宮の下」は、茂木~太田尾のローカル線と、
飯香の浦~市街地の路線が交わるところ。
この先の坂道は、なかなか福岡では体験できない角度です。



バス停の向かい側にあるのが、飯香の浦公民館。



長崎市街からの終点バス停、飯香の浦は、もうすこし湾に近いところ。
いま走ってきた道路を少し戻ります。



この交差点が、バス路線の分岐点。
角に商店もあり、乗り換え需要があればバス停があってもよさそうな雰囲気。



とはいえ、飯香の浦は歩いてすぐなので、
乗り換える、って想定はされていないと思います。
地図を見ただけで、宮の下から飯香の浦へ徒歩の行程を計画しましたが、
実際に歩いたほうが、さらに近く感じられました。


同じカテゴリー(長崎バス)の記事画像
大串
秋月町入口~大曲
乗継不調
マリア学院前
稲佐橋
目覚町
同じカテゴリー(長崎バス)の記事
 多良見大浦取材 (2017-10-01 23:09)
 大串 (2014-01-28 07:07)
 秋月町入口~大曲 (2011-07-22 17:17)
 乗継不調 (2011-07-22 07:07)
 マリア学院前 (2011-07-21 17:17)
 稲佐橋 (2011-07-21 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)長崎バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。