地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年09月17日

塘下


自己満足シリーズの第3回は、長洲町の「塘下」で。
第1回
第2回

今回はアルファベットのAを上下逆さにしてください。
下になるとんがった部分が、起終点の健康福祉センターで、
その上で横棒と接する部分の右側が南清源寺、左側がここ塘下です。



遠くに見えるクレーンは造船所。その川向かいに健康福祉センターがあり、



今回はそこから、左側のナナメ線を辿るように、塘下に歩いてきましたが、
福祉センター→塘下を直行するバスはありません。

福祉センターを出発した町内循環バスは、
右回りと左回りがあるにも関わらず、どちらも右側のナナメ線を通って、
南清源寺に向かいます。そこからまっすぐナナメ上に行くのが、
腹赤を経由する左回りのルートです。



南清源寺から左折して、横棒を右から左に進むバスが、
こちら塘下を経由して、長洲町役場方面に先に行く、右回りとなります。



で、駅北口~港~南口を経て、福祉センターに戻るわけですが、
右回りは左回りの逆ルート、腹赤→南清源寺→福祉センターと走るのに、
左回りは右回りの逆ルートを通らず、この交差点から右折して、
塘下→福祉センターを直行します。

そのため、右回りしか乗らなかった私は、第2回と同じように、
塘下~福祉センターの僅かな直行区間だけ、
未乗のまま廃止を迎えることになりそうです。



図は、撮影前に二男コザルに踏まれましたw


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
中村
小村入口
小村
柳谷
小国産交2017
小国中央
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 中村 (2019-01-17 17:17)
 小村入口 (2019-01-16 17:17)
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)
 小国中央 (2019-01-12 18:18)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。