地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2012年04月02日

伊倉新町


伊倉宮の前のバス停が、街の中心付近。
そこからバス通りは西へ、



この通りが、荘園を南北に分けた跡、下地中分線。



西の境界点ともいわれる、船繋ぎの銀杏。



「伊倉新町」バス停は、ちょっと手前、



南北の通りから、北に曲がったところ。



窮屈そうに、交差点を曲がったバスが、



商店街を走り抜けていきます。



歴史と史跡の伊倉、素敵な街です。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
今村
中村
小村入口
小村
柳谷
小国産交2017
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 今村 (2019-01-18 17:17)
 中村 (2019-01-17 17:17)
 小村入口 (2019-01-16 17:17)
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。