地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2012年10月16日

福岡(阿蘇滝室坂)


夏の水害で、仮橋になった、滝室坂。



豊後街道、坂梨宿。



その麓、「福岡」。
つい最近の訪問の様な気がしますが、あれからもうひと月半。
宮地から産山循環の経路上にあるバス停の脇にも、大量の流木がありました。



どれだけの水が押し寄せれば、こんなことになるのか、言葉を失います。



それでも、空は青いです。なんの迷いもなく。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 23:51│Comments(3)産交バス
この記事へのコメント
 どうもこんばんは。
 この前「特急やまびこ号」の撮影で滝室坂を通りましたが、見た瞬間言葉を失ってしまいました。
 あそこまでひどい事になってるとは・・・。
 自然の力をまざまざと見せつけられた感じでした・・・。

 では。

 
Posted by M:I at 2012年10月18日 02:39
宮地から産山循環の経路上にあるバス停の脇にも、大量の流木がありました。
Posted by lolo at 2013年01月17日 22:50
今、どうなっているでしょうね。
Posted by ちょんびん at 2013年01月18日 20:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。