地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2013年10月14日

瀬高

瀬高瀬高瀬高瀬高
産交バスの「瀬高」といっても、南関への越県路線が走っていた山門ではなく、
天草大矢野島の、枝線の終点です。
町内グラウンドの一角を、バスの方向転換用に区切っています。


瀬高瀬高瀬高
ここも基本は港の集落なのですが、バスはすこし高台の、
海も見えない場所で折り返し、もと来た道を戻っていきます。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
松島庁舎
鶴野々最終
山付/永野
大切畑など
津留津留
高森峠
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 松島庁舎 (2019-04-26 07:07)
 鶴野々最終 (2019-04-20 07:07)
 山付/永野 (2019-04-16 07:07)
 大切畑など (2019-04-10 07:07)
 津留津留 (2019-04-05 07:07)
 高森峠 (2019-01-28 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。