地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年06月12日

柳原やなぎはら


待機するリエッセ。



2回目の訪問なのですが、1回目も記事にしているにも関わらず、
めっちゃ初めて感をひしひしと受けつつ。



産交リエッセの幕、全面は同じに見えても、ちゃんと側面は古屋敷始発とか区別があります。



バスが戻っていく方。



産交バス水上村の終点、柳原は「やなぎはら」です。

九州のバス時刻表で検索すると、西鉄は「なぎばる」、宮交日向市は「やなばる」
あとやなぎはらが5か所あって、九州は「ばる」と読む方が多そうなのに、やなぎばるは皆無です。



毎日2往復ですが、平日と土日で時間が違います。






同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
山鹿バスセンター脇
南関交差点と南関迎町
南関ターミナルと車庫
蔚山町
高森町民バス尾下線記事行方不明
多々野2016冬
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 山鹿バスセンター脇 (2018-04-30 06:06)
 南関交差点と南関迎町 (2018-01-10 06:06)
 南関ターミナルと車庫 (2018-01-09 06:06)
 蔚山町 (2017-11-20 20:20)
 高森町民バス尾下線記事行方不明 (2017-06-28 18:12)
 多々野2016冬 (2017-03-01 16:16)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。