地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年06月29日

九州ガンセンター


福浜は、「68-1」になりました。
沿線での区別は、天神まで行くかどうかではなく、
天神から先どっちに行くか、を主眼にされたということでしょう。
中尾辺りでバスを待てば、来るバスの殆どは天神方面行きですから。



旧病院とバス。



待機風景。基本的にはこのサイズが旧「61」のスタンダードかと思ってましたが、
最初の写真のような大型サイズも入るんですね。
そしたら松ヶ枝口あたりでは、車両によって道幅の圧迫感がかなり違うだろうなぁ。
もうすでに中型で撮った写真があるのですが、UPする前に大きいのも押さえたくなりますね。



九州がんセンター。
癌がひらがななのかカタカナなのかは、本当にびっくりするくらい統一されていません。
だからその時のパソコン変換に身をゆだねて、
同じ文章中に混在していても目を瞑って許されるのでは、と思うくらいに。



現在のバス停は、なぜか仮置き。
横の駐車場整備スキームの都合だと思いますが。



外環は独立的な路線だからよいとして、向新町方面が「48」番台ですから、
中尾側に行くのは「61」のほうが、区別はしやすかったかもしれませんね。
「68-1」だと、「48-2」だと共通の数字が出てきます。

こういう利便性の考慮は、バス好きとしてのタスクだと思うから行なっておりますが、
実際の私の本質は、「68-1」が「48-2」が視認区別できないような奴は逝ってしまへ、という側です。



こちらはバス停ではございません。



いいですよ、そんな説明しなくてもね。
バスが停まってから、間違っていたと慌てて駆け寄る年寄りを、優しく見守る余裕さえあれば。

実際にはね、そういうユーザー目線ではなく、
「何も書いてなかったから間違った場所でバスを待ってて慌てた」
というクレームに対する事先のリスクヘッジなのかもしれまんが。

ただ残念なことに、そういうクレームを付けるやつほど、最初から貼り紙なんて見ちゃいないのです。
想いはいつも、伝えたい人にだけ伝わらないのです。



58MCは、出会ったらもれなくカメラを向けます。たまにピースサインいただきます。
嬉しい運転士さんばかりでないことは存じておりますが、
こちらもライフワークでございますので、法に抵触しない限りのことは確信犯でさせていただきます。

これもね、とやかく言う奴に限って、個人情報とか口にするんですよ。
肖像権と個人情報の使い分けもできない方と議論するモチベーションは当方にございませんので、
そちらはそちらの正義と自由を振りかざして、勝手に生きてください。



連番なんですけど、見た目に差があるのは、
これまで走ってきた歴史が違うから。そういうことで。






同じカテゴリー(福岡緑)の記事画像
福岡徳洲会病院
桜ヶ丘公民館前
福岡市最東端の西鉄バス停:今里
立花寺(りゅうげじ)
西鉄大橋駅であれやこれやと
九州がんセンターを順光で
同じカテゴリー(福岡緑)の記事
 福岡徳洲会病院 (2017-11-16 22:07)
 桜ヶ丘公民館前 (2017-11-16 06:06)
 福岡市最東端の西鉄バス停:今里 (2017-10-18 22:55)
 立花寺(りゅうげじ) (2017-07-21 20:06)
 西鉄大橋駅であれやこれやと (2017-06-01 19:14)
 九州がんセンターを順光で (2017-05-30 18:53)

Posted by ちょんびん at 11:31│Comments(2)福岡緑
この記事へのコメント
こんにちは。
バス停名称としてのがんセンターですが、今回の改正で、「九州ガンセンター」から「九州がんセンター」に変わると、車内の改正予告で目にしました。
事前、事後とも、どこまで行き届いているのかは疑問ですが(笑)
Posted by soramame at 2016年07月02日 18:29
ありがとうございます。
ということは、どこかの時期に、先に施設名の変更が?と思い、
ウィキペディアみてみましたが、設立時からがんセンターぽいですねw

そういう適当さが良いのですけれど。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2016年07月05日 18:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。