地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2012年03月27日

上祝子


祝子川温泉から、歩いて道を下ります。



大きな岩のあるところ、



「上祝子」のバス停。



道が分岐して、キャンプ場があるようですが、
コテージ大崩、ってのは、泊まるのをためらいそうです。



大崩山の登山口なので、妥当性のある名前なんですけど、
大崩の茶屋、ってのもインパクトがありますよね。



登山客が押し寄せた時期があったのか、それとも、温泉客なのか。
バス路線の沿道には、小学校の跡もありましたので、
多くの地元の人に愛されていたのか、旅館と食料品雑貨店の併設、伊藤商店。



その間を、このサイズのバスが走る姿、いつまでも見られるものなのかどうか。


同じカテゴリー(宮崎交通)の記事画像
九州本土の秘境バス四天王
村所駅昼
村所駅朝
鳥ノ巣
越野尾
米良稲荷
同じカテゴリー(宮崎交通)の記事
 九州本土の秘境バス四天王 (2016-11-30 21:41)
 村所駅昼 (2016-09-12 06:06)
 村所駅朝 (2016-09-11 06:06)
 鳥ノ巣 (2016-07-15 07:07)
 越野尾 (2016-07-14 07:07)
 米良稲荷 (2016-07-13 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)宮崎交通
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。