地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2013年02月07日

高須磨町


「高須磨町」。
原田とか別府四丁目とか高取とかと一緒で、
その土地には何の問題もないのに、
都心均一区間区間から外れたところにあるバス停のせいで、
降りると何か損したような気分になる場所。

ここ高須磨町の場合は特に、貝塚を均一区間にするため、
ちょっとほかの場所より天神からの距離が遠いという要素もあり、
運賃の上昇具合も顕著です。
たぶん殆どの人は、そんなこと気にしないで乗ってるんでしょうけど。



貨物線の高架をくぐって、埠頭側にちょいと行った場所に、もうひとつバス停。
都心向けは最近まで、「22D」「23D」の名残があった場所ですが、
方面表示に更新されて、さらに博多駅方面が抹消されるという激変ぶりw



ここでの乗降という用途は、あまり想像できないのですが、
本線から外れる枝線の場合、分岐して多少の距離がある場所に、
救済措置となるバス停を設置するのは、有用かもしれません。

みどりが丘団地入口で、間違って篠栗方面に乗り、
名子の交差点を曲がったところで気付いて、名子で降りそこねると、
長谷橋まで遠いですからw

その点、百道ランプ入口は、医師会館から左に曲がって、
ドームに行かないことに気付いてからでも、
停車ボタンが押せるくらいの距離の余裕はあります。

でも、名島側から都心に出ようとして、間違って埠頭経由に乗り、
ここで間違いに気付くいた場合は、そのまま乗ってたほうがいいんでしょうけど



そんな想定があるのかないのかも、よくわかりません。
隣の「高須磨団地」は、すぐそばです。


同じカテゴリー(福岡黄)の記事画像
西鉄バス停コラボチョコを語る#6 福岡黄エリア
みどりが丘団地入口
福工大前駅入口
青葉五丁目集会所前
八田踏切
藤棚祇園山笠
同じカテゴリー(福岡黄)の記事
 西鉄バス停コラボチョコを語る#6 福岡黄エリア (2017-03-24 19:19)
 みどりが丘団地入口 (2016-11-26 17:34)
 福工大前駅入口 (2016-11-17 22:20)
 青葉五丁目集会所前 (2016-11-10 21:28)
 八田踏切 (2016-11-01 17:17)
 藤棚祇園山笠 (2016-07-31 06:06)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)福岡黄
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。