地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年06月10日

2016年6月10 日#きょうの金武宿


2日前には耕運機が代掻きやっている姿とバスを絡め損ねましたが、
本日は田植え姿と一緒にバスが撮れました。



定時に来てくれれば、おばちゃんがまだいたはずなんですけど、
ほんの数分のすれ違いは、先日と同じ。バス撮影では、必要以上に一期一会を感じます。

廃止まで、あと1週間ですなー。






同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
愛宕浜営業所、能古渡船場ではなく。
昭代三丁目旧西新駅前
室見五丁目
室見川筑肥橋
愛宕一丁目都市高速下じゃないほう
小田部大橋
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 愛宕浜営業所、能古渡船場ではなく。 (2017-12-11 20:02)
 昭代三丁目旧西新駅前 (2017-12-06 16:16)
 室見五丁目 (2017-12-05 16:16)
 室見川筑肥橋 (2017-12-04 21:02)
 愛宕一丁目都市高速下じゃないほう (2017-12-03 20:21)
 小田部大橋 (2017-11-27 06:06)

この記事へのコメント
初めまして。
子供の頃からこの金武を走るバスを利用してました。
この金武宿、以前は酒屋や古い家屋もあったのですがすっかり変わってしまい、バスまで通らなくなると寂しい気持ちになります。
でも車で離合する時は大変だったので、こうなるのも仕方ないことでしょうね。(昔はトラックとバスの離合もありました。すごいですよね。)

当たり前と思っていた風景が失くなる。
でもその風景を残そうしてくれる人がいてとても嬉しいです。
ありがとうございます。
Posted by きなこ at 2016年06月11日 16:57
きなこさん、こんにちは。

ここは私にとっても、バスを娯楽として乗る、
という趣味の、原点のひとつです。

南金武にあった車庫を撮らなかった後悔が、
このブログのモチベーションになっています。

何年か経って、どう感じるでしょうかね。
穏やかに懐かしむことができるでしょうか。
却って寂しくなったとしても、仕方ありません。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2016年06月14日 21:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。