地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年05月12日

杠葉


山の斜面に茶畑が広がる、中腹の細道を、新しく走るバス路線。



大樹の陰にお堂があって、



その奥に、「杠葉」バス停。



こんな感じで週2回、月木だけバスが走ってきますが、
路線開設の日、行政区長の呼びかけで6人のお年寄りが乗ったのが最高で、
それ以降まともに乗客があった例がないそうです。



斜面に沿った大きな集落の中を、バスは走り抜けていきます。



バス車窓から見える風景、谷底まではかなりの高さがあります。



杠葉の集落を抜けると下りになり、途中にキャンプ場の横を通ります。



池が半分埋められて、広場になったような場所があり、
その経緯が説明されています。



道幅の狭いヘアピンカーブを、バスが走ることに、
しかもそれが青息吐息で存続しているバスではなく、
平成も20年になろうかというときに路線が新設されたことに、私は感動するわけです。

けれども、これまでバスが走ることがなかったため、
茶摘みの季節などはトラックを道に停めて作業をするのが当然だったのに、
バスを通すために車両を停める位置まで考えないといけないとか、
地元の人たちでも、バスを邪魔者扱いする人がおられるようで。

納又までのバスが、飯塚側にも走るなら、不公平にならないように杠葉にも、
というような消極的な理由で走り出したようなのですが、
景色のよい狭隘の山道を、堀川の大型バスが走るこの区間、
廃止になった黒川にも劣らないだけの魅力があると思います。


同じカテゴリー(堀川バス)の記事画像
船小屋と羽犬塚
三川の回送
堀川八女上陽飯塚 お茶どころ
黒木大藤前
平橋
柴庵2016
同じカテゴリー(堀川バス)の記事
 船小屋と羽犬塚 (2019-01-26 17:17)
 三川の回送 (2017-06-15 06:06)
 堀川八女上陽飯塚 お茶どころ (2017-04-19 16:16)
 黒木大藤前 (2016-05-26 17:17)
 平橋 (2016-05-12 07:07)
 柴庵2016 (2016-05-11 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)堀川バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。