地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2012年05月24日

桧原桜飾


珍しい、バス停装飾「桧原桜」。


同じカテゴリー(福岡橙)の記事画像
九州がんセンターを順光で
神学校前 名残桜2017
長住四丁目を淡々と
外環2運行開始と初乗車
油山牧場も~も~らんど 博多駅天神から「特快56」期間限定臨時バス運行開始
国立福岡病院 「66」乗り入れ開始
同じカテゴリー(福岡橙)の記事
 九州がんセンターを順光で (2017-05-30 18:53)
 神学校前 名残桜2017 (2017-05-26 16:16)
 長住四丁目を淡々と (2017-04-22 06:06)
 外環2運行開始と初乗車 (2017-04-15 06:06)
 油山牧場も~も~らんど 博多駅天神から「特快56」期間限定臨時バス運行開始 (2017-04-09 06:06)
 国立福岡病院 「66」乗り入れ開始 (2017-04-07 00:02)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)福岡橙
この記事へのコメント
こんにちは。

こんな銘板もあるんですね。
大きな会社であるほど、こういった遊び心は表しにくいんでしょうけど、よくぞ!という気持ちです。
縦書きというのも心憎い演出ですね~。
Posted by Kassy at 2012年05月24日 21:47
ごぶさたしております。

確かに、通常のバス停仕様で、地色だけ桜模様というのではなく、
文字の配置までちゃんと特別なデザインなのが嬉しいです。
どういう経緯で設置されたのか存じませんが、
画一化とは逆の方向にすすんでもらった方が、見る側としては楽しめますね。
Posted by ちょんびん at 2012年05月25日 22:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。