地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2022年07月18日

小山団地(おやまだんち)


トラックターミナル



団地



こちらが東の端で、西の端が川口や五丁。市街を東西に繋ぐ路線の終点







小山団地。







あんまり団地っぽくない周辺景観です。




  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)産交バス

2022年06月10日

下城


新道が拡幅ではなくバイパスとしてできると、旧道はそのままの規格で維持され、
集落が移ることなければ、バス路線はそのままの経路を選択し、



下城。



杖立と小国、そして外輪山を下って阿蘇も



熊本の最果てに、交通センターから直通バスが走っていた時代もあると、
リアルタイムで認識していても、今の状況では信じがたいです。



公孫樹の映えない季節に、



いかにも台地を形成する岩盤で、この先で滝になります。



桜。



商店は新道に面して。



貸店舗



小屋



バスが橋を渡ります。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)産交バス

2022年06月05日

熊本港フェリーのりば前


熊本港ゆき西工



折り返して去ってゆきます



熊本港フェリーのりば前



駅まで30分







ターミナル



物産館



島原までの船も30分、近いんですよ島原、でも間に海があると歩けないので、
直線距離とは別の遠さが生じます。



いつもSUNQパスのお世話になるので、あらためて運賃1100円は気軽に出せる金額でもないなと
そう言いつつSUNQパスの金額は迂闊にカード決済するんですけどね。



そして船



バス



バス



バス(語彙力)



船(語彙力)



こんどは別の日に、島原から渡ってきました



そして同じものには反応するのです、一貫性と呼べば褒めたことになります



バスのりばへ







桜町まで40分



載せるとまた乗りたくなります、というのは典型的な「キリがない」状態です。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)産交バス

2022年05月16日

奴留湯


かつては、宮原~豊後森の代替バスとして、玖珠観光の路線も交わる場所でした。



産交バス、奴留湯。



ベンチ



奴留湯温泉の浴場。











商店の並ぶ繁華街



味の素







小学校のスクールバス



リエッセが最後の雄姿を。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)産交バス

2022年04月17日

宇土本町一丁目宇土高校入口


































桜町までのうち、僅かに走る系統が、走潟経由。



黄緑色。







ここが終点でした。




  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)産交バス

2022年04月06日

梅田長洲廃止


長洲といえば金魚、という写真が撮れたらもう満足。











梅田























踏切があったんですよ、惜しいです。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)産交バス

2022年04月03日

太郎兵衛橋

2021年夏で廃止となった、走潟経由の太郎兵衛橋、
見どころは橋の取水堰と、異形矢印といったところでしょうか。

























  


Posted by ちょんびん at 21:21Comments(0)産交バス

2022年03月02日

八丁


八丁。



宇土本町と桜町を繋ぐのに、川口二丁を経由する、
今後何年か経って存在が忘れられたら、冗談のような遠回り経路です。でも現実に存していました。




廃止直前にも広くなる道路。工事中の迂回のまま消えてゆくこと、けっこう多い印象です。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)産交バス

2022年02月20日

望薩峠

前回
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1296460.html


望薩峠。雲仙天草国立公園



薩摩どころか、目の前も見えませんがな。



登ったらよいのか、そもそも樹木が邪魔していない時代の命名なのか。



バス停更新。



閑散は継続。



しかし往復。



突然広がる視界。



棚底はきれいに見えます。バスが走っていても分かるであろう程度には。



浦方面。



棚底



狭いところに戻りますが、訪問するたびにすこしずつ広がって「しまいます」。



そして車での移動に負担がなくなると、バス路線が消えるようにできています、何故か。



私は喜びませんが、地元の方はきっと喜ばしいはずです。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)産交バス

2022年02月19日

椿井


最期まで何もなかった田園風景。



反対側から。



そしてバス停



椿井、と名前のついた集落は川の向こうです。



ここ十数年、ずっと2往復でした。



ここは切り取りではなく、どっちを向いてもあるのは静寂。



そこに走り込むバスでさえも、喧噪を起こすほどまでにはならず。



誰も顧みることもなく。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)産交バス