地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2017年09月24日

ゆめタウン行橋


ゆめタウン駐車場の一角に、太陽交通バスの専用スペース。



豊津役場行き。



太陽交通の面白さは、素人が見てもわかりやすい車両の多様性。



スペースに限りがあるので、時間帯によっては追い出されるバスも。



路線車にこんなんも入ります。この日のこれは香春行き。



なかなか充実した路線ぶり。八木山バイパスを経由すると、京築エリアけっこう近いです。



そこそこ本数はあるのですが、けっこう空く時間帯もありまして、
次のバスに乗るため、駅まで歩く羽目になりました。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)太陽交通

2017年09月23日

行橋駅東口


千鳥饅頭の奥の空き地になっているところが、西鉄バス行橋駅前のターミナル跡。
大学時代に岩熊行きに乗ったのが初訪問、その日に尾崎豊が亡くなりました。かなり昔。

太陽交通バス、まだ幕車がたくさん居るのが素敵です。



ゆめタウン行橋から駅まで歩いて帰る途中。にしのみやしかと思いましたが、西「宮市」なのですね。



蓑島行きに非常にそそられつつも、この日は午後から用事があるため泣く泣く断念。



平日のほうが路線も本数も充実してますので、一日券がないのが残念です。



でもまあ、香春行って帰るだけでも楽しいと思うので、今年のうちにはもう一度、と思っています。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)太陽交通

2017年09月22日

木井馬場


豊津支所から大きなバスに乗って、



終点まで10分あまり。けっこうあっさりと到着。



太陽交通の標準バス停は、設備控えめで予算節約な感じ。でも可愛らしいのです。



木井馬場終点。毎日4本。



犀川方面への橋。パジェロバスが走っていた頃を思い出しながら。
もう普通のバスで乗ったからパジェロバスには乗りに行かなくていいや、
と思った当時の自分を殴ってやりたい気分になりつつ。



川向こうに待機するバスを眺めます。



土日祝は1日乗り放題の周遊券が大人500円税込み。



ここ木井馬場から行橋まで往復するだけで元が取れますので、乗車の皆さん購入されてました。
地元の事業社さんがこうやって普及努力をされておられるのを見ると、
西鉄から運営主体が転換されてよかったねという気分になれます。

地元ということで西鉄にはそれなりに思い入れがあるつもりですが、
昨日はシーホークから福岡空港までリムジンバスに乗って快適でしたし、
べつに福岡都市圏全部が西鉄じゃなくてもいいのに、って思う人の気持ちも理解できます。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(2)太陽交通

2017年09月21日

豊津支所


伊良原ダムを再訪。おこぼう庵に届け物をするのが主目的でしたが、荒戸橋が消えたと聞いて、



いちおう、自分の目で確認を。

この時に買った伊良原の新米をいま食べておりますが、それはそれは美味いですよ、ほんとに。



そして、ほぼ初めての太陽交通乗りバスのため移動。



郊外向けバス停。



豊津支所。犀川駅や帆柱に行くこともなく、木井馬場が終点。しかもこの本数。



行橋方面の乗り場は、まだバスが大事な交通手段だった時代の風格があります。
まあここは平成筑豊鉄道の駅と役場や高校が離れているので、
いまだにバス需要はそこそこあるんでしょうけど、昭和の隆盛に想いを馳せると、
もう比較するのも心が萎える程度でしかないわけです。



さらには私が伺うのは大体において日祝日でありますので、
通学生の姿が見えない状態では、いっそう閑散とした空気だけが感じられるのです。



それでもこうやって、毎時バスが出発していきます。経由的にも行橋まで2系統。



あんまり都会に向かってそうでもないですかね。



豊津町役場、今はみやこ町役場の豊津支所。



バスは日祝日の利用者数からすると過剰供給のちゃんとした車両が来ます。
平日は高校生がたくさん乗るんでしょうね。これで木井馬場に向かいます。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 19:19Comments(0)太陽交通

2017年03月20日

豊津支所


もとの豊津町役場、いまは豊津支所、みやこ町。
近くに高校があるので、女子高生がふたり、食事しながら話をしていました。
そこに来るはずのないバス、中から20名以上のバスヲタ。
彼女たちの人生の中で、黒い思い出として残らないことを祈るのみです。



立派なバス用スペースに、思い思いの角度からカメラを向けます。
女子高生、逃げることもできず、ずっと座っていました。



高いところに豊津支所。



理容こばやし、電話番号4ケタ。
そういえば大学入学(平成3年)したとき、同級生の勝山町出身者の実家は、
市外局番が093032だったのが印象深く、まだこうやって番号を覚えています。
彼は西鉄高速バスで運転士をしているはずなのですが、元気にしているでしょうか。

地図を見てみたら、この近くの高校も、いまは豊津高校ではないのですね。
育徳館高校ねぇ、まあ地元ではすでに馴染んでいるのかもしれませんね。
西福岡高校も、講倫館高校になって、すでに西高下を知らぬ世代が増えていますし。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)太陽交通

2017年03月17日

「蓑島」京築ローカル行先番号「1」の終点


行橋の東沖の港。添田交通色は海に縁のない路線だったはずですが、
虹の模様は思いのほか映えます。



待機して撮影タイム。



行橋行きの幕があるので掲出。「35」ですけれど、サマになります。
ここから香春経由で行橋に行くのは、あまりにも遠回りなのです。



さすがに伊田駅には(笑)。







蓑島バス停。平日は1時間に1本近い頻度。
太陽交通をこれまで愛してこなかったのが申し訳ないです。
太陽交通さんの方は、私に愛されたいとも思ってないでしょうがね。



バス停付近にお財布が落ちてました。お心あたりの方は、蓑島漁協までご連絡ください。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 11:11Comments(0)太陽交通

2017年03月16日

「中川」太陽交通稗田線随一の狭隘


自由撮影区間を終えて、道端アンジェリカ待機。



しかしながら、すぐにまた停車。自由撮影区間その2。



ということで、いちばん狭いとこ。
この先に橋がありまして、皆さんそこを撮影ポイントにするだろうと思い、
電柱の脇に陣取ったのですが、後ろを見たらこの区間を撮影する人が多かったのです。
明らかに誰かの写真に写り込んでると思います。申し訳ない。



田 園 風 景。
このあたりからの撮影も、よかったでしょうが、バスに戻れないのが大きな問題w



東九州道の新しい高架そばで、またバスに乗り込みます。
この高架をくぐるバスも、面白い光景だっただろうと推測します。
欲求には果てがないので、いつまでも何かバスを追いかける運命を負いつつ。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 20:20Comments(0)太陽交通

2017年03月15日

上稗田の狭隘区間で自由撮影タイム


まるで、本当にここがかつての待機場所だったかのように、違和感なく側道に収まるバス。
西鉄バス廃止路線完全復活祭、停車場所の選択も秀逸。

実際には、十字路でバック停車なんてことは推奨されるわけもなく、
今回もちゃんと運営のひとりが外に走り出て、誘導員として笛を吹いています。

あとは運転士さんの技術的な要素も大きいですね。
先回と同じ方がお越しくださって、我々がどういう場所を辿るのか要領を得ているのも大事。
何の前提もなく「こっち曲がってください」って言ったら怒られそうな場所も走ってますもんね。



そして皆はバスから出て、思い思いにバスが進む方向へ。



勝山新町勝山新町方面へのバス通り。バス停が小さいので主張も少なめ。



まるでこの家のために設置されたかのようなバス停。
実際は横の川を渡る橋の向こう側には住宅が並んでいるのですが、
バス通りがこちらを通っていたのは、おそらく道幅の都合。
こちら側も十分に広いわけでもないですが。



行橋駅と新町入口の往復。上稗田バス停。
やはり大事なのは親近感ですよね。
オフ会で経由してみたら、これまで注目していなかった太陽交通に乗りたくて仕方ないのです。



停止状態を撮影する人たちも。



さて、そろそろ出発しますよ。



完全復活祭では、佳き写真が撮れそうな区間をピックアップして、
バスがゆっくりと走行するのを、参加者がそれぞれ選んだ場所でカメラを向ける、
という区間を設けています。

この自由撮影区間の選定は、きっとハンズマンが大きく関与していて、
私の好みに非常に合う場所を設定してくれます。
なんたって私、彼のブログに影響されて意識的にバスを撮り始めましたので。

プライドは有るんですがポリシーの少ない当方、
好きだと感じたものにはためらいなく寄っていくフットワークを大事にしたいと思っています。



  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)太陽交通

2017年03月14日

新町入口の転回と待機


側道で待機するバス。停止線で信号待ちをしているようにも見えますが、
この写真向かって左側の路地に突っ込んで、バックでこの位置に移動。
これが実際、この新町入口に発着していた「24」の転回方法だったそうで、
今回はその情報を忠実に再現しています。



道端にバス停。



新町入口。稗田経由の「55」は、現在1日4本の発着です。
まだこうやって路線を維持してくれているということで、
普段はあまり注目していない太陽交通ですが、近いうちに再訪したいと思います。
やはり実際に触れると親近感が湧きますよね。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)太陽交通