地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2019年10月11日

城南


大通に静かに立つバス停。



南は臼杵駅。



来たというより東に城跡。



城南。城の数だけ城南があります、たぶん。



そのまま津久見へ。
列車で行った方がずっと安くて速いですけれども、バス乗りはなるべくバス移動したいわけで、
佐賀関~臼杵~津久見のような連絡バスは重宝します。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大分バス

2019年10月04日

セメント町


とりあえず名前にインパクト、セメント町。



津久見臼杵がほんのちょっと、あとは津久見の市内線。



セメントを生産していそうな眺め(偏見)。



津久見といえばセメントですが、イルカ推し。



工場。



太平洋セメント。



地元のからあげ、美味かったです。



セメント町。



蒐集。


  


Posted by ちょんびん at 20:20Comments(0)大分バス

2019年09月30日

三重トキハ前


パチンコ屋の前にバス停。



トキハ前といっても大分の繁華街ではなく、



この本数。



三重トキハ前。



たしかにトキハ前。



これ。



商店街のゲートの先が、市場ロータリー交差点。
この両側、国道502号線にあるのがロータリーバス停で、右(北東側)がロータリートキハ前



です。

  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)大分バス

2019年09月30日

ロータリー


ロータリー。



当停留所には、次の行先も停車しません。辻行きは廃止になりましたから。



でも臼杵駅には行けます。



反対側。



大白谷もなければ、川辺循環線も。



臼杵駅は監督署まで複乗するので、こちらにも停車します。



バス停風景。



交差点はこっち。



ロータリー跡。



交差点の名前に残るロータリー。



ロータリーを挟んで、臼杵側にもバス停。



降車場。



ファミマ側に、



さらにバス停。



ロータリー。



臼杵行きはロータリー(トキハ前を含む)に3回停車します。



鉄板はロータリーだけですが、トキハ前として区別しています。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大分バス

2019年09月27日

重岡駅(重岡駅前)


重岡駅。



ホームからバスが見えて、



停泊車両。



現地出退勤に、意味もなくわくわくします。



駅前にバス停。



重岡駅。



佐伯と小野市、そして三重町。



もうひとつ。



コミュニティバス。



街の拠点だった時代があったんですよね、駅だもの。



今はただ1台のバスが、



佇むのみ、



なんて感慨に浸ると、別のバスが回送されてきました。
訪問がGWだったので、停泊車両は平日しか走らないのでしょう。



ということで2台になりました。


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)大分バス