地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2019年09月20日

飯香の浦と宮の下


今日は飯香の浦で、きのうは飯ノ瀬戸。どちらも一括で変換してくれないところが共通です。



海の傍で、長崎で、もともとの移動に陸路が想定されてないっぽくて、
丘を越えないとたどり着けなくて、狭隘路線が素敵で、飯から始まる地名。
並べてみたら、大して共通項ないですね。どれも情緒的なもの。
学説として同じ系譜に並べようとしたら、証拠が足りないと叱られそうな類。



海までの距離。



喪色のバス停。



本数は圧倒的に飯香の浦が勝ちですなぁ。
多いほうが偉いのか、少ないほうが有り難いのか、
どちらを好むかによってどちらでも階級化ができます。



ぎりぎりの車庫。



ショップいかのうら。
バスヲタの認知度は高いので、訪問時には何かしら貢献せねばと考えていたわけですが、
そもそもの訪問回数が圧倒的に少ないという残念な事実。



ひとつ進んで宮の下。



さらに増えるのは、そもそも飯香の浦行きが増えますからね。
飯香の浦を経由せずに茂木と太田尾・東長崎を結ぶものも多少はあるのかもしれませんけど。



大型だからこその、この道路の圧迫感。萌え。



茂木まで6キロ。



一段高いところからやってくるバス。



急カーブ。



飯香の浦を複乗して、茂木方面へ。



さいごに、自分が乗るバスを撮影してから乗り込めるときは、よいときです。

過去の飯香の浦訪問
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e705399.html

そして宮の下でタイミングを失敗している
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e705397.html


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2019年09月07日

総合公園


まっすぐな道、総合公園。



長崎バスで県南と特定できたとして、あとどこまで絞り込めるのか。総合公園はひとつしかないのか。
そもそもここは、長崎市内ですらないのですが、それでいいのか総合公園。



いつも読み方を迷う満永。新地ターミナルで1週間くらい過ごせば身につくでしょうが、
離れて1か月も経てばまた迷いが始まると思います。いろいろなことを忘れる生き物なのです沖浜。



土はどーなつの土 日はにっちの日、学は(
これは覚えるものではなく、
乗りたい時刻を見る→何か書いてある→注釈を読む、
の順番で対応するのが正しいんですよね。わかります(わからない)



満永の先は海なんですが、車窓で実感できるのはかなり登ってからです。
総合公園とは関係ありませんが、満永の記事写真が多くなったのでこちらで。

満永
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2061828.html


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)長崎バス

2019年09月05日

新地中華街


香焼恵里。



赤迫。



蛍茶屋。



エアポートライナー



アタマだけ出す形。



進入直前の待機。



新地ターミナル。ホテルの部屋から。



翌朝の順光。



やることに進歩は無し。
ひと晩あけても何も変化しないのであれば、あと20年経っても同じである可能性があります。
いやそれは危険性かもしれない。老けないなら幸せかもしれませんが、死なないのはたぶん不幸。



ほら進歩がない。人生はまま退化いたしますゆえ。



ホテルを出発後に撮った駅前の写真も、



枚数がないので、



ここに載せときます。
最後を兼営バス路線案内図にすることで、ターミナルつながりぽく。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2019年08月10日

稲佐山


中腹にロータリー。



折り返し待機。



稲佐山。てっぺんではないです。登山口でもないです。



福岡で考えればどこになるのか、よくわからない稲佐山。



展望台はさらに上で、



ここから歩くのは大変。



駐車場。



バスあっち。



スロープカー



土日祝の夜景タイミングは、展望台まで無料シャトルバスが走ります。



歩いても20分、でも歩きたくないです。

怠惰なところばかり見せて、稲佐山を終わります。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2019年08月09日

思案橋


親和銀行と十八銀行の対峙、というほど近くもなく道を挟んでいますが。



路面電車からも



バスからも。



西工前後扉。



ひとつ東の商店街。



日中は歩行者専用ですが、国道324号です。

夏に咲く花夾竹桃。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス