地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2020年09月08日

弾丸長崎手熊相川


阿蘇エクスプレスに乗りたくてSUNQパスを買い、残りの平日早めに仕事が終わったので長崎へ



ホームが移転する前の長崎駅を記録。この時点で、もう1度来ることになるとは思ってませんし。



改札の先に見えるかもめを眺めるのも最後かと、感慨と共に撮ってます。



来たバスに乗って、どこで降りるかも決められずに柿泊終点へ。

当日の行程



夕暮れを愛でつつ、折り返し便がないので1バス停だけ歩きます。



手熊。



ああ僻地。



そして夕焼雲。



バス停の位置がこっちにあるのは、バイパス側から来るバスだけが停まるからです。



式見の隧道経由はこちらに。



同じく手熊。



特に違いは分かりませんが、



そこそこの本数がございます。



そしてトンネル方面。



まあ往復なんで当然でしょうが、似たような本数です。



そして相川に着いた時には真っ暗で、



フラッシュの力を借ります。



駅方面に戻るのは面白くないと感じる性格のため、桜の里へ。



最終的には、九州号で戻ってきました。
この時点では、まさか今年になってコロナで休みが増えるとも思っておらず、
けっこう無茶なことをやってましたが、バスに触れている時間は今年のほうがさらに多いですね。

人生どのタイミングで何が起こるかは把握できないので、
目の前にあるタスクを粛々とこなしつつ、やりたいことを研ぎ澄ましてゆくしかないですな。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2020年07月04日

大浦天主堂下


長崎バス 大浦天主堂下。



石橋のひとつ手前、単線になった先、という認識で把握している福岡県民。



5番といえば石橋ゆき、なのに写真は蛍茶屋。



大浦天主堂下。



単線ですが、降り口と運賃箱など運用の都合から、ホームは両方にあります。



交差点も大浦天主堂下。いまは電停だけ大浦天主堂になってます。
弁天橋よりは分かりよいですが、記号にするか歴史を残すか、判断は都度変わりますね。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2019年09月20日

飯香の浦と宮の下


今日は飯香の浦で、きのうは飯ノ瀬戸。どちらも一括で変換してくれないところが共通です。



海の傍で、長崎で、もともとの移動に陸路が想定されてないっぽくて、
丘を越えないとたどり着けなくて、狭隘路線が素敵で、飯から始まる地名。
並べてみたら、大して共通項ないですね。どれも情緒的なもの。
学説として同じ系譜に並べようとしたら、証拠が足りないと叱られそうな類。



海までの距離。



喪色のバス停。



本数は圧倒的に飯香の浦が勝ちですなぁ。
多いほうが偉いのか、少ないほうが有り難いのか、
どちらを好むかによってどちらでも階級化ができます。



ぎりぎりの車庫。



ショップいかのうら。
バスヲタの認知度は高いので、訪問時には何かしら貢献せねばと考えていたわけですが、
そもそもの訪問回数が圧倒的に少ないという残念な事実。



ひとつ進んで宮の下。



さらに増えるのは、そもそも飯香の浦行きが増えますからね。
飯香の浦を経由せずに茂木と太田尾・東長崎を結ぶものも多少はあるのかもしれませんけど。



大型だからこその、この道路の圧迫感。萌え。



茂木まで6キロ。



一段高いところからやってくるバス。



急カーブ。



飯香の浦を複乗して、茂木方面へ。



さいごに、自分が乗るバスを撮影してから乗り込めるときは、よいときです。

過去の飯香の浦訪問
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e705399.html

そして宮の下でタイミングを失敗している
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e705397.html


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2019年09月07日

総合公園


まっすぐな道、総合公園。



長崎バスで県南と特定できたとして、あとどこまで絞り込めるのか。総合公園はひとつしかないのか。
そもそもここは、長崎市内ですらないのですが、それでいいのか総合公園。



いつも読み方を迷う満永。新地ターミナルで1週間くらい過ごせば身につくでしょうが、
離れて1か月も経てばまた迷いが始まると思います。いろいろなことを忘れる生き物なのです沖浜。



土はどーなつの土 日はにっちの日、学は(
これは覚えるものではなく、
乗りたい時刻を見る→何か書いてある→注釈を読む、
の順番で対応するのが正しいんですよね。わかります(わからない)



満永の先は海なんですが、車窓で実感できるのはかなり登ってからです。
総合公園とは関係ありませんが、満永の記事写真が多くなったのでこちらで。

満永
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2061828.html


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)長崎バス

2019年09月05日

新地中華街


香焼恵里。



赤迫。



蛍茶屋。



エアポートライナー



アタマだけ出す形。



進入直前の待機。



新地ターミナル。ホテルの部屋から。



翌朝の順光。



やることに進歩は無し。
ひと晩あけても何も変化しないのであれば、あと20年経っても同じである可能性があります。
いやそれは危険性かもしれない。老けないなら幸せかもしれませんが、死なないのはたぶん不幸。



ほら進歩がない。人生はまま退化いたしますゆえ。



ホテルを出発後に撮った駅前の写真も、



枚数がないので、



ここに載せときます。
最後を兼営バス路線案内図にすることで、ターミナルつながりぽく。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2019年08月10日

稲佐山


中腹にロータリー。



折り返し待機。



稲佐山。てっぺんではないです。登山口でもないです。



福岡で考えればどこになるのか、よくわからない稲佐山。



展望台はさらに上で、



ここから歩くのは大変。



駐車場。



バスあっち。



スロープカー



土日祝の夜景タイミングは、展望台まで無料シャトルバスが走ります。



歩いても20分、でも歩きたくないです。

怠惰なところばかり見せて、稲佐山を終わります。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2019年08月09日

思案橋


親和銀行と十八銀行の対峙、というほど近くもなく道を挟んでいますが。



路面電車からも



バスからも。



西工前後扉。



ひとつ東の商店街。



日中は歩行者専用ですが、国道324号です。

夏に咲く花夾竹桃。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2019年08月08日

風頭山風頭町


坂を登って、



かざがしら



平日は1時間に3本見当。土日祝の方が多いのは、観光地だから。



にしてつかんこう



駐車場の反対側に、もうひとつバス停。



矢太楼



県営バス、風頭町、こちらは町。



1時間に1本。



矢太楼のバス。



昔に長崎バスの転回場。



自販機補充。



バス出発。



乗合タクシーも風頭町



30分に1本、来る方向を反対に考えていて、写真は撮り損ねました。



バス。



坂本龍馬には、あまり興味が無いので、亀山社中にも行ったことがありませんし、
今後もひとりでは行くことがないかと存じます。



にしてつかんこう出発。



風頭公園へ、の地図。



バス乗って、



次はあっち。



  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2019年08月07日

弥生ヶ丘


田上から切り通しを下って、



住宅密集地に移動。



弥生ヶ丘。だいたいどこの街にも新興住宅地があると弥生ヶ丘とみどりが丘はあるような。
ただこういう名前にも時代の流行がありまして、自由が丘とかはひと世代前っぽく。



コンビニと病院の狭間にバス停。



おまけ、稲佐の森、愛宕町にて。



ブザーが鳴ると困ります、に空目。閉りますですな。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2019年08月06日

田上


バスが溜まる景色まで辿り着きました。



田上、大平橋立神の6系統。



あーイメージ通りの長崎バス。



タクシーが間で撮影を邪魔するのも、マニアにとって邪魔なだけで。



出発するバスを見送って、



次。

田上2011
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e704968.html



  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス