地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2021年11月24日

江平高部

https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2169544.html
江平中学校前改称後の話です。


なぜか江平へ行くときは大橋側から。
べつに長崎電鉄バス時代に敬意を表しているつもりもないですけれど。

長崎電鉄はバスをやめて鉄路に特化したのって、なかなか珍しい選択ですかね。
鞆鉄とか井笠とかサンデンとか船鉄とか大分交通とか、
鉄道をやめてバスが残ってる例のほうがたくさん思い浮かびます。



現状は30分に1本、長崎バス。



江平高部後部、由来は箙からですかね。



高部、という呼称が独特。



浦上天主堂まで上下するだけなら、複乗区間なので本数は2倍、急に増えたような印象に。



却って都心部に行かないバスが半分やってくるので、バスが来ないより腹立たしかったりして。



これはゆりちゃん。



これは〇〇ちゃん、でオチを探してみましたが、何も見つけられないまま。



シール貼り対応が、名称変更を感じさせます。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2021年11月06日

江平中学校前


江平経由。



折返し場。バスが居ない時のほうが狭く見えます。ここにバス入れるの?と。



ゆりちゃんリエッセトップドア。



江平中学校前。



改称されまして、江平高部になりますよと、もう半年経ちましたが。



30分に1本なのですけれど、往復区間の末端なので、バスは1時間に4本の計算。



こちら改正前。



円環



ゆりちゃんは、きっと百合野団地から。



奥にバス停。



上来。



後退



折返し。



江平中学校がなくなるんですね。



長崎にありがちな狭い道。当たり前のように車が走りますが、福岡にあったら過剰反応します。



校門の横。



昇天ではなく商店。



バスのりば近くからの眺め。



今度は上から。



けっこう道幅いっぱいに使っての後退です。



収まって、



出発。



江平中登口も改称されましたが、こちらはゆりちゃんだけが経由します。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2021年11月05日

相川


佐世保まで90キロ、大瀬戸まで33キロ。うちの近くも走っている国道202号線



ていぼう。



相川。



相川仕様違い。



相川より北に向かってゆく時刻表だけ見ると、寂れた寒村のようでいて、



まあ実際その時刻表でもよさそうな長閑が海なんですが、バスも写ってます。



都心向け。



30分に1本以上の時刻表が現れます。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2021年10月24日

神の島三丁目


何であっても、端っこは尊いのです。神の島方面の殆どが教会下までしか行かない中、
ここまで来てくれるバスはみな私にとっては英雄のようなもの。



田上まで。



大浦天主堂から派手に坂を登る「60」番。



バスがいなくなると、急に周囲が寂しくなります。



神の島三丁目。



神の島営業所付近の賑わいが嘘のような、2時間に1本の時刻表。



転回場は立派なものがあります。



むしろ都心部より平坦で、車を所有するのにいい環境なのかもしれません。
それでバスの利用が少なくなるのだとすると皮肉ですのう。
でも長崎バスの最近の苦境には「市内中心部に車を停められる繁華街ができた」
というのが大きく関わっていると思うんですよわたし。

若葉のダイレックスとか大波止のゆめタウンとか茂里町とか。
車で都心部に行っても駐車できないのであれば、出発地からバスを選ぶしかないわけで、
だからココウォークは両刃の剣なんですよね、自社で作らなくても利用者は自家用車に逃げる、
でも自社で開発したバスターミナル併設施設には、
車での来訪を想定した駐車場を備えておかないといけないっての。



てな話は別の記事でも似たようなことを書いた気がしますが、
書いてる本人が忘れているので勘弁してください。
厳密に「ここに書いてあることと重複している」「以前の意見と矛盾している」
と指摘したいタイプの方は、このブログの読者として適性に欠けています。
さらに恥の上塗りで自身を繕うとすれは、「大事なのは今」なのです。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2021年09月17日

溝川


長崎バス。



長崎駅前などで、とにかくよく見る(当社比)行先の代表格、溝川。



ここで終わり?という印象を受けます。市街地切れません。家はまだ続きます。



この時刻表だけ見ると、ぜんぜん栄えていませんね。



都心に向けて出発していくバス。



毎時4本均等というのも「大きく減った」結果なのですが、
むしろ混雑度は高まったような印象を受けた昨今です。
時津を過ぎても立ち客がいる状況に出くわすこともたびたび。



もっと頻繁なバスの出入りがありそうなのに、待機場ものんびりとしていました。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2021年09月11日

和三郎公園


桜の季節だけ桜の樹の下にバス停が生えてきます。



長崎バス、和三郎公園。



名の通り公園の入口。



お花見期間中だけの設置。



1時間1本くらいの往復。



そして長崎バスは新学期に合わせて毎年4月6日がダイヤ改正日のため、
ひと月たらずの設置期間の途中に必ず時刻が変更になります。



散った桜。



訪問は改正に合わせて4月4日、ほぼ葉桜となっておりました。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2021年09月06日

式見トンネル口


このトンネルサイズにバスを走らせることがどれだけ冒険なのか、てなこと思ってましたが、
トンネル自体はまっすぐなので、手前で徐行して向かいを見れば、そこまで危険はないのかも。
撮影のために車で何往復かしましたが、思ったより普通に走れました。

自家用車の移動需要だけなら海側に新道のトンネルもできてまして、
ここを通る車がそれほど多くない、という現在の状況もあると思います。
202号線のメインがこの通りだったときは、もっと大変な状況だったかもしれません。



トンネルを抜けた先にトンネル口。


バス通りは狭いですが、



バスがすれ違えるので、バス停のところはそれほど狭くもないのです。
そして相互のバス両方に状況客があったりして。周辺を見渡す限り、潜在需要は数軒なのですが。



無事に行き合い。福岡人なので息をするように「離合」を使います。



こんなに少なかったっけ?と失礼ながら思いました。基本、1時間に2往復です。
バスが連なって来ていたように思うのは妄想かもしれません。



トンネルロ、とんねるろと読めないこともないですが、ちゃんとくちに見えるのは日本人だから。



それにしても、バスはトンネルいっぱいですな。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2021年09月01日

サンライト杷木通過へ


令和3年4月から、サンライト号が杷木バス停を通過します。



大分と長崎を5便。



サンライト号はもともと、平日も日祝も同じダイヤです。



高速が平日ダイヤに寄せているのは、普段が平日のほうが少ないからでしょうか。



大分にも行けました。



長崎にも。



二日市とか、



西鉄としては特殊な経緯のバス。



こちらは最後のほうの西工。



赤バス。



E高。



長崎バスのこの姿は、もう見られません。



大分へ。



真ん中に待合室という形式。



路線車と、



高速車が頻繁に交錯します。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大分交通長崎バス長崎県営バス

2021年08月04日

三川町


斜面に建つ家は、そこまでの経路がどうなっているのか、
坂道の街に住んだことのない当方は想像もつきません。
基本的に登りもくだりも苦痛なので、平坦に生きてゆきたいと思っておりますが、
坂道のない街は落ち着かない、と言っている知己もいますので、人はそれぞれそのままで。



高低差があるとバスも上から眺められる可能性が増えると考えれば正義。



道路との接続面も坂道ですな。



バス停に残る雪。



1時間に2本。西山台団地を経由して都心へ。朝だけ北高への通学も。



漂わない終点感。登っても下っても家並。



登っていって西山台団地で終点になるものだけのバス停。



三川町。


下るほうの目的地も新地なので、行先番号は西山台団地と同じく20番。
佐賀市営バスの橋津も同じような状況といっても、福岡の人には伝わらないでしょうか。
片江営業所から13と140の吉塚営業所ゆきが同じ番号を名乗ってるみたいなもんで。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2021年07月22日

大分長崎サンライト号


新川でバスを眺めて、



大分のバスの並びに、



長崎自動車。



SUNQパスの北部2日券4500円もすっかり過去のものとなりましたが、
大分長崎のサンライト号に片道乗れば元が取れる夢のチケットとして、
ふだん乗り慣れない高速路線を体験するのによい機会でした。



3列シート。
車両外観にも内部設備にも疎い当方は、「サンライト乗るなら長崎バスですよ」という
仲間の主張に何の異論をはさむことなく、素直に乗りました。



シートはないけれども、シート後ろの網カゴは欲しいので、こういう設備になります。



途中休憩。



雄姿。



サンライト号。



交通会館では、九州号と並びました。



市内のホテルにお世話になります。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス