地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2021年12月30日

鳥越


ブログを書き始めるときに、最終的な結論、というものを決めずに見切り発車をします。
そもそも写真の枚数も、次にどんな写真がくるのかも把握しないで、
目の前の1枚を見ながら思いついたことをただ書き連ねます。数枚先は闇です。



鳥越とか鮎帰とか、とりあえず常人はもうこれ以上遡れない前提で、
鳥なら越えられる(逆に言うと鳥しか越えられない)とか、鮎も諦めて引き返すとか、
谷筋の生活が営める限界点みたいなとこですよね鳥越。でも別府湾はきれいです。



バス停は新道に出ていますけれど、



バス停の横に「かつてはこっちの道しかなかったんだろうな」と思わせる旧道があって、
民家が張り付いているのはそちら。バスはそれぞれの事情があって、
かたくなに旧道を走り続けたり、あっさりと狭隘路の進行を放棄したり。



平日4往復、学校が休みだと3往復だったり、土日祝日は2往復だったり。



バスで走りたい旧道。



10%は急ですよ、ほんとに。



というように、写真でひとことの刹那を繰り返して、ブログがひとつ進みます。

  


Posted by ちょんびん at 09:45Comments(0)亀の井バス

2021年10月31日

かいがけ






いまこの記事が予約投稿されるとき、わたしはかいがけに向けて車を走らせているはずです。
今回は事情があってすごく若い女性と同行することとなり緊張していたのですが、
打ち合わせの中で年齢を伺ってみたらさほど若くなかったので少し安心しました(失礼の極み)。



車両は夜間ここに停車していて、運転士さんが車でやってきます。



そして隣の小屋の中で点呼をしている声が聞こえます。



亀の井バスのかいがけ。漢字は難しくてパソコンが変換してくれないので、


現地でバス停の横に貼ってある住所表記をご確認ください。



って検索すれば済む話なんですけど、と意図的に微妙なトリミングの写真を載せておきます。



末端部分は、フリー乗降が可能な区間です。



このバスが坂を登り、撮影している地点でも乗れますので、
バス路線沿線で眺めのよい場所を決めて、バスを待ちましょう。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)亀の井バス

2021年10月30日

梶原太郎迫


棚田は水が入った頃が好きですが、刈り入れ前の稲穂を見たらまた考えが変わると思います。



こうやって見るバス通り自体も都会では見られないスペックですが、
バスは直進ではなく左に曲がります。



反対側から。つまりはこの撮影しているところにはバスが通らず、
かいがけを出発したバスはこちらに向かってやってくるのに、橋の向かって右側に曲がります。



内成は大きな範囲を指すので、その中でまた字名が。



別府駅からのバスが、太郎迫を経由して坂を下ってきて、



ね、ここがバス通りなんですよ。



九州のバス路線でも有数の急坂です。棚田を貫いてまっすぐ登ります。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)亀の井バス

2021年10月29日

仲の迫


休みの日に大分で撮影をしてインプットばかりしていたら、
撮影した写真をブログで公開するというアウトプットが滞り、ひさしぶりに毎日更新が落ちました。



直進すると主要道路が続くのに、側道へ逸れてゆく瞬間が大好物です。
明日は梶原と太郎迫の間の側道、すなわちここで分岐したバスが本道に戻るところを載せます。
コンセプトは同じですから、何も揺さぶられません。読む人の心もまた。



一気に高さを稼ぎます。



仲の迫。集落名としては中の迫と書かれたものも見ますが、バス停には人偏。



朝に郊外から下って、夕方に戻る仕様。
停泊とか現地出退勤とか端末ダイヤとかいう言葉を使ってますが、
厳密に何が違ってどれが正しいのかを突き詰めたことはありません。
ただ土日祝に街から往復しようとすると、午後からの1便しか選択肢がないのだなあと。

  


Posted by ちょんびん at 17:16Comments(0)亀の井バス

2021年09月16日

河内(内成)


この傾きがポイント。眼下に街が俯瞰できるのも坂道路線の利点でしょうか。



強調するまでもなく、すごい坂なのです。よくバス停を途中に置いたなと。



この橋もバス通り。次はここで狙いたいなと、最初に内成を載せたときから言ってますね。

内成とは
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1955829.html



河内(こうち)



別府の街。タワーに目がいきます。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)亀の井バス

2019年01月15日

仙人田


仙人田茶屋。



先に到着していたのは、亀の井バスのすぱっと号、別府駅西口行き。



そこに大交北部バス。
北からのアプローチなのですが、本線上を通り過ぎて、旧道をこちら向きに。



茶屋。



バス停。



亀の井バス、仙人田。



こんだけ。



仙人田茶話、大交北部バス。



接続のお知らせ、8分まで待ちます。



接続しないものもあります。



コミュニティバスは、宇佐市側へ。川の反対側は天間ですが。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(2)亀の井バス

2017年05月23日

別府駅西口で亀の井バスのレア路線を確認する


立命館アジ。九大サバなどという完全養殖のサバもおりますで。



湯都ピア浜脇。



永石温泉前のコンビニでバス停を見つけたら、とても乗れるダイヤではありませんでした。



九大別府病院は朝夕。



大学病院に行くもの自体は多くて、亀の井の本社行きが少ないのです。



夕方便との出会い。南原行き。



スギノイパレスも早朝1本のみ。



バスに乗っては行かない、ということでしょうか。



柚の木、時刻表の位置自体がすでに扱い悪し。



凡例に番号があるのに、



路線図には鳥居からの分岐すら描かれず。



柚の木はロープウェイ寄らないのですが、



前面も側面も、ロープウェイ書かれてます。
何の問題も起きないなら、こうやってマニアが喜んでいるだけでよいのです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 21:41Comments(4)亀の井バス

2017年04月24日

梶原再晴 田植え前


梶原のバス停から正面上に見える太郎丸。あそこまで一気にバスは登ります。



手前に案内看板があって、



こっちが今回歩いてきた方の岩水かいがけで、



登ると六地蔵尼寺、



そして月見石



日本の棚田100選、内成線梶原



棚田は、やはり水が張ってあるのがよいです。刈り入れ前とか彼岸花とかも見てみたいですが。



何かを収納するものと、廃棄するものと。



カップルで眺めを楽しむのはよいとして、オッサンひとりは多少イタイので、
興味のある方はお声かけください。次回一緒に参りましょう。
オッサンふたり以上が並んで眺めるのもイタイ、という事実からは目を背けましょう。



海が、見えます?



かいがけを出てすぐから、バスの音が聞こえます。
人工物の響きがすくない場所なんですよ。



ということで、自分が乗るバスを収めて、別府市街地に戻ります。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)亀の井バス

2017年04月21日

かいがけから岩水 棚田沿いを歩く


かいがけは自動販売機があるので、ブドウジュース経済貢献。
地元に落ちるのは何円なのかはさておき。



バス待機時間は本来、棚田観賞に充てるべきものであって、そのためにはここまで来てはだめなのです。



バス路線に沿って歩きます。



岩水。



折返し時間を、時刻表で確認。



棚田が見えました。



シイタケも見えました。

次の梶原も一緒に載せると長くなりそうなので、別記事にして明日以降にします。


  


Posted by ちょんびん at 21:32Comments(0)亀の井バス

2017年04月14日

内成棚田かいがけ行きの車窓から


線路高架下の商店街、べっぷ駅市場から、内成棚田行きのバスに乗って、



車窓風景。
バス路線探検家を名乗っているちょんびんですが、基本バスに酔います(笑)。
本は読めません。スマホも持ってませんがたぶん使えないと思います。
カメラを構えても、風景が横に流れていくのを目で追うと、立ちくらみのような感覚になります。



でも、ちょっと頑張ってみました。



基本、棚田なんですけど。



リエッセの全面に太郎丸バス停



下り坂の斜度がおわかりいただけますでしょうか。



帰り。尺間神社のあたりから市街地。先ほどの棚田もここも、どちらも別府市内です。


  


Posted by ちょんびん at 20:12Comments(0)亀の井バス