地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2016年10月07日

真崎農協

真崎農協
安宅線の途中、とはいえここが終点の区間便も多かった、真崎農協。
現在は田川農協の安眞木分所という扱い。購買部の表示があったり、昭和の匂い。
安眞木は安宅と真崎と黒木の複合地名だと思います。

今回の田川添田オフ会では、A→B2点間を設定して、
「その区間、どこでバス撮ってもOK、B待ち合わせ」という自由撮影区間が設定されており、
この写真にはひとりも人がいませんが、もっと前の場所で撮ってた人、
この近くでバスを前後から狙ってる人、周辺に多数のヲタが散在してます。

オフ会参加者25人のうち、撮影に興味がなく乗車主体の趣味人が10人弱乗ってますが、
この付近で残りの15人以上がバスに向けてカメラを構えている姿、
第三者的に客観視すると、かなり特異な光景だろうとは思います。
でも、そういうのも立派な経済活動ですのでw

路線廃止になった郊外区間を満員のバスが走る姿は、周辺住民の注目を集めましたが、
誰を不幸にすることもなく、賑わいを醸す元として、好意的な感想をいただきました。
有難いことです。






同じカテゴリー(筑豊)の記事画像
飯塚バスターミナル日暮れ
筑豊自動車登録事務所
筑豊遊園
見立
ねずが池
飯塚バスセンターと吉原町
同じカテゴリー(筑豊)の記事
 飯塚バスターミナル日暮れ (2020-05-29 07:07)
 筑豊自動車登録事務所 (2020-05-25 07:07)
 筑豊遊園 (2020-05-24 07:07)
 見立 (2020-05-23 07:07)
 ねずが池 (2020-05-22 07:07)
 飯塚バスセンターと吉原町 (2020-05-07 07:07)

Posted by ちょんびん at 06:06│Comments(0)筑豊
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。