地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年06月19日

筑後広域循環

尾島→「50筑後船小屋駅」→筑後船小屋駅 180円
筑後船小屋駅→「50JR久留米」→羽犬塚駅前 210円
羽犬塚駅前→「50筑後船小屋駅」→筑後船小屋駅 210円
筑後船小屋駅→「6西鉄柳川」→西鉄柳川 360円
西鉄柳川→「無番佐賀BC」→大川橋 350円
大川橋→「15下林経由JR久留米」→JR久留米 750円
JR久留米→「9竹の子」→西鉄久留米 160円
西鉄久留米東口→「堀川バス競輪場」→久留米競輪場
久留米競輪場→「堀川バス西鉄久留米」→西鉄久留米東口
西鉄久留米→「50船小屋」→尾島 580円

ホリデーアクトパス2011上半期57日目(使用35日)
無料使用2800円分、累計90740円分、交通費累計34980円

同じカテゴリー(行程表)の記事画像
福岡オープントップバスきらめきコース
FOTB祭
始終
ホリデーアクトパスを買いました2018
7726を追いかけて
佐賀俳句ハイク
同じカテゴリー(行程表)の記事
 物販会議天神 (2019-04-14 23:55)
 ソラリア20周年 (2019-04-06 23:58)
 唐揚げとトリアスと桜と (2019-04-03 23:58)
 天草と久山の廃止を欲張る (2019-03-31 23:58)
 西鉄を語る会30th@久留米 (2019-03-30 23:58)
 同窓会議 (2019-03-23 23:58)

Posted by ちょんびん at 21:50│Comments(5)行程表
この記事へのコメント
こんばんは。先週堀川バスの中型に乗りました(六ツ門〜JR久留米)。運転席後ろの横向きシート(昔で言うお見合いシート)に座って堀川を堪能しました(笑)堀川バスは実に30年ぶりに乗りましたよ。30年前は西鉄久留米から二軒茶屋三つ角まででしたが、大型と中型の違いはあれ、堀川ならではの独特の雰囲気を思い出しながら酔いしれました。
Posted by 暇工作 at 2011年06月19日 23:39
久留米市内の方の堀川バスは、
私にとっての昭和バスと同じような位置づけかと考えています。
意図的に何かがないと、見る割りに乗れないもので。

東区エリアのJR九州バスも似たようなもんです。
たまに乗ると気分が変わって楽しいはずです。
Posted by ちょんびん at 2011年06月20日 13:17
ひょっとして、暇工作さんがおっしゃる「運転席後ろの横向きシート」の車両って、元名古屋市営バスの車両では?(^o^;)
ふそう車で短尺、前ドア横に行先表示機があり、シート地が青かったら、間違いなく、それですね!
とある、名古屋市営交通のファンサイトで見ましたが、堀川に2台、大野城の「まどか号」の予備で1台入ったみたいですね!

堀川バスの場合、久留米市内は、朝以外であれば、あのサイズでも充分かも!?…(;^_^A
Posted by あかずきんくん at 2011年06月20日 18:24
あかずきんくんさん
「運転席後ろの横向きシート」はふそう車で短尺、前ドア横に行先表示機がありでシート地が青でした。

なかなか乗り心地良かったですよ〜(^-^)

今度は狙って乗ってみようと思います(^.^)

名古屋から来たんですね〜

どんなお客さんや運転士さんが乗ったか想像すると楽しいです(^o^)
Posted by 暇工作 at 2011年06月20日 21:32
名古屋市営の車、私はちっとも見分けがつきませんが、
昨日の堀川バス競輪場行きは、さきほど掲載しましたので、
堀川カテゴリーにリンクしておきます。

競輪場バスとか、平山温泉のバスとか、
無意識に当該バスに乗って撮ってるかもしれません。
お時間ありましたら探してみてくださいませ。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2011年06月20日 22:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。