地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2013年11月03日

福島港福島支所前

マルちゃん「赤いきつね」のダシは美味いなぁ、とひとりごちながら、
深夜2時、妙なテンションでブログを書いております。


福島港福島支所前
福島港福島支所前
福島と浦の崎を結ぶ航路、運営は(有)金子廻漕店。


福島港福島支所前福島港福島支所前
船に乗ったことはありませんが、桟橋の規模からして、
さほど大きなのが来るのではないようです。

橋で本土とは繋がっていますので、車での連絡が主なのだろうとも思いますし、
ただバス路線は佐賀県の伊万里市とを結んでいて、ここは長崎県松浦市。
公的機関への訪問とか、高校生の通学とかでは、船が活躍するのかも。


福島港福島支所前福島港福島支所前福島港福島支所前
今年の4月まで、伊万里からのバスは「福島港」を終点としており、
桟橋の少し奥の広いところにバス停があったのですが、
利用状況が芳しくなかったのか、バス停は廃止になっています。
撤去されなかった看板が一枚、ここにバスが来ていた名残を伝えます。


福島港福島支所前福島港福島支所前
ほいでもって、伊万里からのバスは福島港の手前から旧道に入り、


福島港福島支所前福島港福島支所前福島港福島支所前
新設された「福島支所前」に発着するようになったのですが、
役場やら小学校やらが存在している点や、
旧福島港バス停周辺にめぼしいものが見当たらないこともあって、
昔からずっとバス停はここにあったような雰囲気を醸しています。


福島港福島支所前福島港福島支所前
待機場も支所前バス停のすぐそばにありますし。
バス路線は基本、旧道を走っていたものが新道の開通とともに付け替わることが多く、
道幅や歩行者の安全面から考えても、旧道に戻ってくることは稀かと思うのですが。

春に訪問したときの写真を載せず残していたのを、
福島一周に便乗して掲載されていただきました。
これで福島内の未掲載バス停、あと5つくらいになりましたので、
できれば年内にもう1度行きたいところです。
浜玉道路が無料になったため、伊万里から佐世保にかけてのエリアが、
非常に近くなったような気がします。たかだか360円の話なんですけどね。


同じカテゴリー(西肥バス)の記事画像
平戸桟橋
平戸新町
佐世保駅前バスセンターで西鉄高速待ち伏せ
鯛の鼻別道2017
福島支所前2017
伊万里駅前2017
同じカテゴリー(西肥バス)の記事
 平戸桟橋 (2019-05-09 07:07)
 平戸新町 (2019-04-09 07:07)
 佐世保駅前バスセンターで西鉄高速待ち伏せ (2019-01-25 17:17)
 佐世保市営撮影 (2018-11-25 23:58)
 現実に戻る (2018-10-08 23:58)
 上五島取材 (2018-10-07 23:58)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)西肥バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。