地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年01月21日

日向神

日向神日向神
日向神。矢部村の入口に位置する集落です。
以前はここで折り返す設定のバスがありました。
旅館があったり、タクシーの基地があったりして、
観光地として栄えた時期の存在が伺えます。


日向神日向神日向神
日向神ダムの向こう側、橋が架かっている先が日向神峡です。
けほぎ岩などの奇岩があり、「けほぎ」は地元の和菓子の名前にもなっています。
けほぎは「蹴洞」と書き、岩山が蹴って穴があいたような形状をしているところから、
この名前がついたようです。

ゆっくりと1泊するにはいい環境ですが、風景以外の観光地があるわけではないので、
大勢の観光客がやってきて賑わう可能性はまずないでしょう。
でも何も見ずに通り過ぎてしまうのはもったいない地域です。


日向神
柴庵行のバスがやってきました。バスも風景に溶け込んでいます。


同じカテゴリー(堀川バス)の記事画像
高速八女インターチェンジ
船小屋と羽犬塚
三川の回送
堀川八女上陽飯塚 お茶どころ
黒木大藤前
平橋
同じカテゴリー(堀川バス)の記事
 高速八女インターチェンジ (2019-06-26 07:07)
 船小屋と羽犬塚 (2019-01-26 17:17)
 三川の回送 (2017-06-15 06:06)
 堀川八女上陽飯塚 お茶どころ (2017-04-19 16:16)
 黒木大藤前 (2016-05-26 17:17)
 平橋 (2016-05-12 07:07)

Posted by ちょんびん at 20:19│Comments(0)堀川バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。