地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2019年08月04日

開
坂道途中にバス停。


開
開。


開
狭いとこ登ってきて、


開
ぎりぎりを行き違い。


開
自動車学校あります。さっきバスと離合してたワゴン車もここの車。


開
分岐、どっちもバス停ですが、ヘアピンカーブを曲がってくれるわけではないです。


開
平坦。そして自己主張の薄いバス停。


開
自動車学校に注目するより、その下の海が美しいです。


開
こっちも開。


開
二往復しかないので、複数回乗ったことがあります。
矛盾しているようですが、マニア的には優先的に乗りたくなる路線なのです。
1時間に1本ある唐八景だと、いつでも乗れるような気がしました。


開
ということでバスは唐八景から折り返してきて、


開
ちゃんと客扱いをして、


開
こんな曲がり角も通って、


開
街へ戻ります。




タグ :長崎バス

同じカテゴリー(長崎バス)の記事画像
大浦天主堂下
飯香の浦と宮の下
総合公園
新地中華街
稲佐山
思案橋
同じカテゴリー(長崎バス)の記事
 大浦天主堂下 (2020-07-04 07:07)
 飯香の浦と宮の下 (2019-09-20 07:07)
 総合公園 (2019-09-07 17:17)
 新地中華街 (2019-09-05 07:07)
 稲佐山 (2019-08-10 07:07)
 思案橋 (2019-08-09 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)長崎バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。