地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2009年05月03日

山鹿バスセンター

山鹿バスセンター山鹿バスセンター山鹿バスセンター
山鹿バスセンターです。新しくて綺麗な建物です。


山鹿バスセンター山鹿バスセンター山鹿バスセンター山鹿バスセンター
5つの乗り場が、タテ一直線に並んでいます。両端の1と5が降車場になっており、
2が北・西方向、3が南方向、4が東方向とわかりやすく分かれています。


山鹿バスセンター山鹿バスセンター山鹿バスセンター
補完として、乗合タクシーが利用できる地域もあるようです。


山鹿バスセンター
産交だけでなく、菊池大津方面へは熊本電鉄のバスも来ます。
産交と同じ青基調のカラーリングなので、ぱっと見はよくわかりません。私だけですか?


山鹿バスセンター
ダイヤ上は営業所に回送で往復することになっているのではないかと思いますが、
バスセンター上で待機して時間調整する折り返しバスもけっこう見られます。


山鹿バスセンター
瀬高方面の始発地は山鹿市役所です。


山鹿バスセンター山鹿バスセンター山鹿バスセンター山鹿バスセンター
周りの道路も整備されています。


山鹿バスセンター
すぐ隣に、緑の豊かな公園もあります。


山鹿バスセンター
駐車場もあるので、パーク&ライドも可能なようです。


山鹿バスセンター
東西南北に路線が伸びていて、産交の北のターミナルとして貫禄を感じられます。
まだ新しい施設なのですが、とても好感の持てる楽しいところだと思います。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
松橋産交2018
三角産交2018
宇土駅前
荒尾バスセンター
人吉IC乗降口2018
上田代(相良)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 松橋産交2018 (2019-10-10 07:07)
 三角産交2018 (2019-10-09 07:07)
 宇土駅前 (2019-10-07 07:07)
 荒尾バスセンター (2019-10-06 07:07)
 人吉IC乗降口2018 (2019-09-29 07:07)
 上田代(相良) (2019-09-26 07:07)

Posted by ちょんびん at 09:58│Comments(1)産交バス
この記事へのコメント
連休中はヨメの実家に帰っております。
記事は予約投稿でアップされますが、
コメントをいただいても、
お返事は休み明けになると予想されます。ご容赦ください。

と書いておいて、コメント1件もいただけないと悲しいので、
気が向いたら何か残してくださいませ。m(_ _)m
Posted by ちょんびんちょんびん at 2009年05月03日 11:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。