地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2010年02月14日

一の谷二丁目

一の谷二丁目一の谷二丁目
正月に掲載した「一の谷一丁目」の隣、「一の谷二丁目」。
隣同士ですが、こちらの方が道も広く、雰囲気はかなり違います。


一の谷二丁目
一丁目側の旧道から南下してきて、片側二車線の新道に合流したところに二丁目です。


一の谷二丁目一の谷二丁目
もともとが谷なので、道路を切り通しで拡幅した分沿道の店舗と高低差ができ、
都心方向のバス停は後ろに壁を背負います。
中間市の徳若ほど派手ではないですけれどw


一の谷二丁目一の谷二丁目一の谷二丁目
南には「水城跡」があります。
これはJRの駅近くにある「水城」の続きではありません。
太宰府防御のため御笠川水系の削った平地に土塁を築いたとき、
その防衛線の続きとして、西側の小さな谷を塞ぐために造られたものです。
テストには出ません。すいません。

世間は受験シーズンでございますが、私は大学受験のとき、
「lightning rod(避雷針)」を「いかづちの杖」と訳して大学に入ってますので、
皆様のご健闘をお祈りする以外、特にお伝えできることはないです。
あしからず。。。。って今日はバレンタインディですね。チョコ食べましょう。



同じカテゴリー(二日市)の記事画像
雪の甘木川
太宰府高校直行
愛宕浜5720ぐりーん 秋月
愛宕浜5720ぐりーん 西鉄二日市
西鉄二日市駅
原5138チョロQ
同じカテゴリー(二日市)の記事
 雪の甘木川 (2021-08-05 07:07)
 太宰府高校直行 (2021-07-30 07:07)
 愛宕浜5720ぐりーん 秋月 (2021-05-27 07:07)
 愛宕浜5720ぐりーん 西鉄二日市 (2021-05-22 07:07)
 西鉄二日市駅 (2021-02-22 07:07)
 原5138チョロQ (2020-07-03 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)二日市
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。