地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2010年06月10日

玉島神社前

玉島神社前玉島神社前玉島神社前
浜玉町の南側に、万葉垂綸石公園というのがあります。
神宮皇后が朝鮮出兵の際ここに立ち寄り、
戦勝を占ったときに釣ったのがアユだったので、
魚ヘンに占うと書いて、「鮎」なんだそうです。
そのときここの垂綸石の上に立っていたとか、いつの時代のことやら。


玉島神社前玉島神社前
万葉の歌碑も立てられています。

玉島神社前玉島神社前玉島神社前
そのちょっと北側に、川近くまで斜面が迫っているところがあり、


玉島神社前玉島神社前玉島神社前
そこが玉島神社です。
お分かりの通り、浜玉町とは「浜崎」と「玉島」の複合地名です。


玉島神社前玉島神社前玉島神社前
国道の川向こうに旧来の住宅密集地があり、


玉島神社前玉島神社前玉島神社前玉島神社前
七山町までの昭和バスは国道を通るのですが、
コミュニティバス(乗合タクシー)は向こう側から南へ抜けるので、
バス停の位置が違います。
乗継、ってのは考えられていないのでしょうが、
こういう場所で数分の乗り換えができたときなどは快哉を叫びます。
自治体が補助金を出しているバスは、日祝休みが多いので、
なかならそういう会心の一撃が繰り出せないのですけれども。


同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)
 昭和バスの期間限定新設路線を少し (2018-07-07 23:58)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)昭和バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。