地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2010年09月13日

市房登山口

市房登山口市房登山口市房登山口市房登山口
古屋敷からいちど多良木に戻って、かなり寄り道して「市房登山口」に到着です。
乗ったバスは朝一にここまで回送で上がってきて、
人吉産交まで行ってから折り返してきた便です。
朝に古屋敷までのバスに乗っていたとき、岩野小学校の手前ですれ違いました。
古屋敷への朝の上り便に乗客がいるのは珍しいことらしく、
運転士さんが私のことを覚えておられましたので、話がはずみました。

市房登山口のバス停は、道路に並行する形で待機用の側道が設けられていて、
バス停の横には登山者が休憩できるような場所もあります。
ロータリー形式で、反時計回りに転回して終点にたどり着きますので、
最後にバスはかなり鋭角のUターンをすることになります。


市房登山口市房登山口
バス停板、どちらか片面はちゃんとしていることが多く、
よほど逆光にならない限り、またはネタとして面白い朽ち方をしていない限り、
きれいなほうを撮影するよう心がけているのですが、
ここはどちらも同じような塗装のはげ方をしています。


市房登山口市房登山口
登山口での待機が30分ほどあるので、
ひとつ下の湯山温泉まで歩いて下ります。
途中にはけっこう大きな規模の材木店があったり、
バスが1台収納できそうな、小奇麗な車庫があったりします。
市房登山口始発の便は、多良木から回送されてくると伺ったのですが、
ここもバスの泊まり運用のためのものなのでしょうか。



同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
高森駅2019
『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました
阿蘇駅前ウソップ除幕
宮地駅前とあそぼーい
はな阿蘇美と入口
杖立から日田へ帰る
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 『産交バスの終点へ』通販開始 (2020-09-23 16:16)
 高森駅2019 (2020-09-23 07:07)
 『産交バスの終点へ』を蔦屋書店 熊本三年坂にてお買い求めくださった方へ (2020-09-17 20:59)
 『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました (2020-09-02 20:42)
 阿蘇駅前ウソップ除幕 (2020-09-02 07:07)
 宮地駅前とあそぼーい (2020-09-01 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。