地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2012年01月31日

河原

河原
交差点。
右に行くと、高森町の「河原」なんですが、


河原河原河原
振り返ると、左は竹田(大分県)、右は高千穂(宮崎県)。
そしてここは熊本県。


河原河原河原
山間部で暮らしたことのない私は、
こんなところでも人が住めるんだなあ、と失礼なことを思いつつ、
りっぱなお屋敷の脇を歩いております。


河原河原河原
そういう人の暮らしがあるおかげで、バス路線がまだ残っています。
高森町民バスは、2時間近くの循環コース定額200円で、
本当に町内の至る所を走る路線設定。そこそこ利用されているようです。



同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
パナソニック入口
平木橋際
日本合成前
谷尾崎線戸坂経路変更
川口農協前二丁
走潟農協前四丁平木
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 パナソニック入口 (2022-01-15 07:07)
 平木橋際 (2021-12-22 07:07)
 日本合成前 (2021-11-22 07:07)
 谷尾崎線戸坂経路変更 (2021-11-03 07:07)
 川口農協前二丁 (2021-10-20 07:07)
 走潟農協前四丁平木 (2021-10-15 07:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。