地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2011年02月13日

坂の辻

坂の辻
明け方、モノクロの世界。
こういうタイミングで、向こうからバスがやって来ないかと期待しますが、
1日1本のバスが通るまで、まだ1時間ほど待つことが必要です。


坂の辻
柿坂~守実~日田の、唯一の普通便が通る、「坂の辻」。


坂の辻
この冬は、よく雪が降りました。
チェーンをつけたタイヤが頻繁に通ったためか、
アスファルトは二条の線がずっと続いています。

この区間、来月末での廃止という噂を聞きましたが、
さて現況どうなっていますでしょうか。


同じカテゴリー(大分交通)の記事画像
目刈
岩戸寺
伊美港
比沙門
伊美
竹田津港
同じカテゴリー(大分交通)の記事
 目刈 (2020-01-21 07:07)
 岩戸寺 (2019-09-15 07:07)
 伊美港 (2019-08-30 17:17)
 比沙門 (2019-08-25 17:17)
 伊美 (2019-08-01 07:07)
 竹田津港 (2019-07-31 07:07)

Posted by ちょんびん at 23:57│Comments(2)大分交通
この記事へのコメント
おはようございます!

伏木線は、ほんとうに大分のバス沿線の原風景といえる、魅力的な所が満載です。

何もない坂の辻も、こうやって薄暗い時間帯は、より一層何も無さが醸し出されていていいですね♪

廃止の噂が真実でないことを願うばかりです。
Posted by ハンズマン at 2011年02月14日 07:28
伏木公園あたりの灌木が、朝焼けに映えて、
どこでバスを狙おうか非常に迷いました。
結局、足ヶ迫の静かな存在感に圧倒されて、
ジマオさんと似た構図になってしまったのですが。

ぜひ、走り続けて欲しい場所です。
Posted by ちょんびん at 2011年02月14日 18:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。