地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年05月04日

池の下(ウトグチ瓦窯展示館前)

池の下(ウトグチ瓦窯展示館前)池の下(ウトグチ瓦窯展示館前)池の下(ウトグチ瓦窯展示館前)
「池の下」。
この「池」というのは、白水池のことかと思いますが、
白水池からはかなり離れています。

「49」の観晴が丘方面が廃止になって、このバス停も消えましたが、
博多南駅~大土居のスジのほうにも池の下バス停がありますので、
廃止になっても思い入れが薄くなってしまいます。


池の下(ウトグチ瓦窯展示館前)
廃止に際して、観晴が丘「49」の沿線を歩きましたが、
この辺のマンション、規模がどれも大きいように思います。
そういう意味では、周辺人口は申し分ないはずなんですが、
バスの利用には繋がらなかったんですよね。


池の下(ウトグチ瓦窯展示館前)
距離感的には、博多南駅まで奥さんが送って、
そこから新幹線で博多方面、てな通勤需要が多いんでしょうか。
大橋までバスで行くのは、遠いなあ、って気持ちになりますね。
そこから電車に乗り換えて天神まで通勤するのは大変そうです。
自宅と職場徒歩2分に慣れてしまった私は、尚更そう感じます。


池の下(ウトグチ瓦窯展示館前)池の下(ウトグチ瓦窯展示館前)
博多南駅からは、春日市のバス「やよい」で帰ってこられますが、
逆周りのルートが違うため、博多南駅に直通で行けない「ウトグチ瓦窯展示館前」。
博多南駅までバスで行きたければ、「2」の通りまで出なさい、ということです。


同じカテゴリー(二日市)の記事画像
バスセンター(春日)
杷木とインターチェンジ
甘(バスセンター)木
朝倉光陽高校前
本導寺最終
柚須原最終
同じカテゴリー(二日市)の記事
 バスセンター(春日) (2019-08-26 17:17)
 杷木とインターチェンジ (2019-07-23 07:07)
 甘(バスセンター)木 (2019-06-15 20:28)
 朝倉光陽高校前 (2019-05-17 07:07)
 本導寺最終 (2019-05-06 07:08)
 柚須原最終 (2019-04-29 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)二日市
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。