地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年08月24日

草村

草村
大牟田と南関の間、勝立庄山経由で結ぶ方の途中「草村」。


草村
バス停は、新道と旧道が分岐するところに立てられており、
ここと隣の小原下の部分だけ、旧道を走ります。

西鉄は、新道ができると、比較的早く経路変更を行い、
走りやすいほうに移行してしまう印象がありますが、
ここは狭い道を現在も選択しています。
産交だと当たり前のことなんですが、西鉄ではけっこう特異。


草村

南関方面から来たバスが、


草村
本道に再合流して、庄山方面へ。
あれ?ローザじゃないんだ、ってことには、あえて触れずにw


同じカテゴリー(大牟田)の記事画像
荒尾バスセンター
ホテルヴェルデ
延命公園・動物園前
万田坑2019
高速八女インターチェンジ
祭りのあと
同じカテゴリー(大牟田)の記事
 荒尾バスセンター (2019-10-06 07:07)
 ホテルヴェルデ (2019-10-05 07:07)
 延命公園・動物園前 (2019-07-29 07:07)
 万田坑2019 (2019-06-30 07:07)
 高速八女インターチェンジ (2019-06-26 07:07)
 大牟田ダゴ (2019-06-09 23:58)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(6)大牟田
この記事へのコメント
こんにちは~!

あれ?ローザじゃないの!? もうローザはどれもくたびれてるんでしょうかね♪
車はどうあれ、ここは西鉄の路線の中でも指折りの好きな場所です。産交だったら普通の場所なのに、西鉄が走るというだけで格別な場所に変わるように思います。
Posted by ハンズマン at 2011年08月24日 12:32
この区間、以前からもローザじゃないバスがたまに走ってますよ。自分が三度ほど乗りにいったときは毎回ローザじゃないほうがきてます。なので本当に小型が走ってるのかと思ってしまうほどです
Posted by pinokion at 2011年08月24日 13:06
>ハンズマン
鳥栖のローザと同じように、ここのローザも?
ってことなのかどうかはわかりませんが、
私は小型しか出会ったことがなかったので、なんか違和感がありましたw
この道は、中型が走ってくれたほうが画になりますよね。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2011年08月24日 20:01
>pinokionさん
ほほう、ローザが来たことがないんですね。
私はローザしか見たことがなかったので、特殊運用かと思いましたが、
それほど珍しいことではないのかもしれません。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2011年08月24日 20:10
草村は間違いなく中型の方が画になりますね♪

でも、庄山の乗り換え風景はローザが居てくれた方が楽しいように思います。平日朝8時か7時台に、大牟田から36分、荒尾から37分、南関から38分と立て続けに庄山にバスが到着する時間があるようで、今かなり行きたいのですが、そういう場面で端っこにローザがシケーっと停まっていると、健気でかわいいかもしれないな~と思います。
Posted by ハンズマン at 2011年08月24日 21:54
同じような車両が並ぶよりは、私も3種別々の方が好みですね。
ですので、産交のリエッセと、西鉄のローザが入っていたほうがいいです。
産交が、荒尾市営時代のバスなんか来てくれれば、
また面白みが出るのでしょうが、こちらも私はリエッセしか見たことないです。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2011年08月25日 12:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。