地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2012年02月15日

堀切~余

堀切~余堀切~余
院内町の枝線、大坪から本線への途中、「堀切」。


堀切~余堀切~余
そしてもうひとつ「余」。あまりと読みます。
一文字バス停は、それだけで絵になると感じる私です。


堀切~余
ふれあい号のバス停は、「下余バス停」。
火曜日と金曜日、朝下って昼に戻る選択肢しかありませんが、


堀切~余
大交北部バスも、似たようなもんです。
しかもこちらは、小学校への通学輸送が主眼のため、
朝街に出るバスは、街と反対側に向かってやってきます。
一見さんに乗ってもらう気はない、と拒まれているような気すらします。



同じカテゴリー(大分交通)の記事画像
高速安心院
パークプレイス下
南端小学校前
目刈
岩戸寺
伊美港
同じカテゴリー(大分交通)の記事
 高速安心院 (2020-07-31 07:07)
 パークプレイス下 (2020-04-20 07:07)
 南端小学校前 (2020-02-20 07:07)
 目刈 (2020-01-21 07:07)
 岩戸寺 (2019-09-15 07:07)
 伊美港 (2019-08-30 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)大分交通
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。