地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2013年06月15日

湯野浦

湯野浦湯野浦
唐津市肥前町の南西の果て、「湯野浦」
バス訪問の難易度は、なかなかのものです。
バスは平日の朝出て行って、夕方戻ってきて、それで終わりの1往復。


湯野浦湯野浦湯野浦
しかしながらバスは、今もここで夜を過ごすようです。
最近は枝線の終点でも、営業所から朝いちで回送される運用が多く、
電話での現地点呼を想像するだけで萌えてしまいます。
終末期のタブレット交換みたいなものだと思ってください、
という比喩自体が大多数の方々には理解されないものですが、
そんな方は最初からこのブログを読んでないと推測することにします(笑)。


湯野浦湯野浦湯野浦
浦のはずなんですが、海ははるか西に遠く、眺めても見えません。



同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 昭和バスが消える前に (2020-03-26 23:58)
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(3)昭和バス
この記事へのコメント
4月から夕方の下りはなくなり…、大手口直通もなくなりました。
Posted by 湯野浦のうら at 2013年06月19日 21:33
補足で、上り(切木小学校ゆき)は土曜日もあります
Posted by 湯野浦のうら at 2013年06月19日 21:45
すいません、湯野浦ゆきは、なくなってしまったんですね。
コメントありがとうございます。
Posted by ちょんびん at 2013年06月20日 19:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。