地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2019年07月30日

諫早バスターミナルの中


路線図。あとべつにコメントすることもないです。

































  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)長崎県営バス島鉄バス

2019年07月29日

貝津団地入口(諫早インター乗換)


諫早インターで降りたら、



ここがお約束の貝津団地入口。



あとリンガーハットでちゃんぽん食べるのも定番、と知ったように言ってますが、
長崎エリアは車で行く機会が多いので、この乗換自体が十数年ぶり。



でも見慣れた景色。



系統が多くて、なるほど知らずに福岡の天神で放り出されたら、こういう気持ちになるんだろうなと。


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(2)長崎県営バス

2019年07月28日

九州号で諫早インターまで


日田バスの復刻塗装が前に居たので、ちょっと目を奪われてますが、乗ったのは九州急行。



途中休憩で、産交バスと並び。



熊本から長崎への



りんどう号。



こちらが乗ったバス。



九州号各停。
所要時間は長くても、席移動ができるし空いていることが多いので、各停が好きです。
隣に人が来ると、私も相手も幸せにはなれませんので。



そして今回の目的地は諫早なので、どっちにしろ各停マスト。



諫早インター。



県営バスの空港とか佐世保とか。



九州号もまあ1時間に1本くらいのイメージでしたが、実際はもうちょっと多いですな。



定番のバス待合。



徒歩移動。



トイレを借りて、一般道へ出ます。




  


Posted by ちょんびん at 20:20Comments(0)産交バス長崎県営バス

2019年05月23日

長崎出張

壱岐6000 原→「205那の津四丁目」→天神高速BC三越前
天神高速BT→「九州号福岡空港昭和町経由長崎駅前」→諫早IC


たまごの会、ホテルは新地




  


Posted by ちょんびん at 23:58Comments(0)長崎県営バス

2019年05月10日

多良見大浦


長崎バスと長崎県営バス。



県営バスは現地出退勤のようで、軽自動車でここに来られてました。



大浦と東園の往復が基本。



県営バスは大浦。



1本だけ諫早駅まで行きます。



長崎バスは多良見大浦。



新地まで。



リエッセくん。後ろは斜面、そして海。



ナナメ。



アクセルをひとつ踏み込めば、落ちます。



諫早まで行く便の側面板。



リエッセの前面掲示は小さいので、経由地は省略。



乗換接続、というほど明確なダイヤは組まれていませんが、
どちらもそれなりの本数があるので、1日に何度か並びます。



みかんの樹の脇を、都心部へ。



多良見大浦行きのバス。



みかんの無人販売、私の考える「多良見大浦らしさ」はこういう感じで。



ひとバス停だけ、行政境界を越えて諫早市へ。



段々果樹園です。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス長崎県営バス