地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2013年11月28日

小川内公民館前

小川内公民館前小川内公民館前
「小川内」。
沿線の車窓を楽しむためには、陽の高いうちに訪問したいものですが、
佐世保市営バスの設定は朝夕の2往復しかなく、
朝便に乗るにはめいっぱい早起きする必要があり、
夕便に乗ると、今の季節、佐世保の中心街を抜ける前に日が暮れます。


小川内公民館前小川内公民館前
昼に来たからって、何があるかと問われれば、難しいところですが。


小川内公民館前
新しい道の途中から、側道が分岐するところにバス停があり、


小川内公民館前
十文野経由の路線は、この細いほうへ。


小川内公民館前小川内公民館前
すぐそばに、西肥バスの「小川内公民館前」。
こちらは菰田経由佐世保~世知原の途中バス停となりますが、
十文野経由は西肥も2往復走らせています。
わずか4往復の路線を2社でシェアするに至った経緯、
佐世保初心者のわたくしには、知る由もありません。


小川内公民館前小川内公民館前
時刻表がぞんざいに扱われるのは、珍しいことではないようで。


小川内公民館前
佐世保中心部方面のバス停には、待合の小屋。


小川内公民館前
なぜか、バス停も屋根の下に。


小川内公民館前
十文野経由はこのバス停から乗車するようになっていますが、
ということは、佐世保市営バスと方向転換をする場所が違うってことでしょうか。


小川内公民館前
私が乗った市営バスは、この写真の停車車両の位置で待機しましたが、
西肥バスは、この坂道を登るほうに待機するのかも。


小川内公民館前
この先菰田方面は、道がせまくなります。
西肥専用の転回場があるなんてことはないですよね。


同じカテゴリー(佐世保市営バス)の記事画像
佐世保市営バス最後の年末
俵ヶ浦2018夏
佐世保白浜海水浴場2018
俵ヶ浦
赤崎団地
第4ドック前
同じカテゴリー(佐世保市営バス)の記事
 佐世保市営バス最後の年末 (2019-01-24 17:17)
 佐世保市営撮影 (2018-11-25 23:58)
 俵ヶ浦2018夏 (2018-08-05 07:07)
 佐世保白浜海水浴場2018 (2018-08-04 21:53)
 佐世保バスあるき (2018-04-29 23:58)
 松浦鉄道30周年に佐世保バスあるきのようなもの (2018-03-04 22:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。