地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2014年04月09日

万賀里川

万賀里川
旧道を走る抜ける


万賀里川
入野行きのバス。


万賀里川万賀里川万賀里川
「万賀里川」。
高串や星賀への枝線が、すべて入野乗換で分断されましたので、



万賀里川
今はもう使われない、車庫。


万賀里川
裏。


万賀里川
車庫の中から、


万賀里川
向かいの商店。


万賀里川
このカーブから、ひょっこりバスが顔を出せば、
それだけで私は幸せです(笑)。


万賀里川
と、またひとり阿呆妄想に浸っていたら、
時刻表に載らぬバスが、回送で走り去ります。
ちゅーか、唐津から入野へ回送するなら、
新道を通ればよいはずなのですが、


万賀里川万賀里川
合流地点で停車して、運転士さんが外に出て、
なにやら調べている様子。


万賀里川万賀里川
カーブミラーの屋根が破損して、雨露の埃で鏡が汚れてしまい、
車の往来が見えなくなっていました。
拭けばいいだけなのか、修理が必要なのかの調査だったそうです。
なるほど、そんなこともされてるんですね、と新しい経験でした。




同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 昭和バスが消える前に (2020-03-26 23:58)
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)昭和バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。