地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2014年12月02日

一丁目

一丁目
富岡港で一晩車内泊。朝焼け。


一丁目
富岡の産交前。4台揃い。まず狭小から動くのは、通学需要があるからでしょうか。


一丁目
富岡港を出発した、本渡行き。


一丁目
乗り込む高校生の朝は早いのです。
それをバス停まで車で送ってくるお母さんもお疲れさまです。


一丁目
「一丁目」。


一丁目
毎時1本以上の時刻表。富岡~本渡。あと下田温泉方面が、ほんのちょっと。


一丁目
到着側のバス停は、ちゃんと別のところに。


一丁目
こちらは新配色の「一丁目」。


一丁目
バス停の後ろに、


一丁目
海、そして整然と並んでいるのは、タコ壺。




同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
松橋産交2018
三角産交2018
宇土駅前
荒尾バスセンター
人吉IC乗降口2018
上田代(相良)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 松橋産交2018 (2019-10-10 07:07)
 三角産交2018 (2019-10-09 07:07)
 宇土駅前 (2019-10-07 07:07)
 荒尾バスセンター (2019-10-06 07:07)
 人吉IC乗降口2018 (2019-09-29 07:07)
 上田代(相良) (2019-09-26 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)産交バス
この記事へのコメント
「一丁目」
福岡に古くから住んでいるものにとっては、懐かしい響きです。とくに私は「一丁目」に住んでいましたから、格別です。

昔から、福岡で「一丁目」と言えば、何も付けなくても当然に「渡辺通一丁目」を指していました。(市内)電車の行先表示も、「一丁目」だったのですよ。時代が下ったものには、「渡辺通一丁目」と表示されたものもありましたが。

このあたりの感覚は、京急の電車の行先表示に、「新町」や「文庫」、「八景」があったこととアナロジーを感じます。いずれも、最近の表示は、「神奈川新町」、「金沢文庫」、「金沢八景」と略さない形となっています。

七隈線の駅名も、「一丁目」とすればよかったのに、と思います。そうすれば、二丁目辺りの交差点に「渡辺通北」などという、(古い人間から見れば)トンチンカンな名称をつけることもなかったろうに、と思ってしまいます。
Posted by Tokyo Chikushi at 2015年06月09日 20:00
地下鉄駅の一丁目は、付けたらよかったのに、と私も思います。

私は福岡在住昭和53年からなので、路面電車にもあまり縁がなく、
最後に実際に乗れてよかったね、程度の触れあいなので、
一丁目に対する親近感も、自分が接したものではなく、
話に聞いたもののほうが大きいのですが。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年06月09日 22:45
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。