地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2015年04月10日

桑原公民館

桑原公民館
レッドブルのランチャー砲を背負った車。なぜか公民館に。


桑原公民館
雲海の看板、購買店、昭和バス。


桑原公民館
伊都協奏館。


桑原公民館
建物ひとつだけが新しく、あとは田園風景に、街道沿いの御屋敷。


桑原公民館
購買店は閉まっていましたが、郵便配達は為されていて、住んでいる人はいるようです。


桑原公民館
近くの交差点までは、野北~今宿のバス通りでしたが、
ここをバスが通っていたことは、私が知る限りありません。


桑原公民館
「桑原公民館」。ここは九州にありがちな、くわばる、ではなく、くわはら、らしいです。
これに関しては、まったく法則性や地域性が見当たりませんので、
あくまで経験則でモノ言う必要があります。


桑原公民館
公民館の脇にバス停は立ってます。


桑原公民館
この本数をどう評価していいのか、よくわかりません。
九大伊都協奏館への需要って、大学までの通学利用なのか、JRの駅までなのか、
何を想定しての新路線開設なのかが不明なもので。
もちろん、新しい場所にバスが来るようになるのは、喜ばしいことなのですが。





同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 昭和バスが消える前に (2020-03-26 23:58)
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)昭和バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。