地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2021年05月16日

麻那古日当

麻那古日当
2020年の4月から、富士町のコミュニティバスのりばになった麻那古。
基本的な仕様は昭和バス時代の使い回しなので変わりません。


麻那古日当
平日の朝便だけ、予約不要で富士支所まで。


麻那古日当
バス停自体はそのまま。


麻那古日当
すこし上部に、新しいバス停。


麻那古日当
日当。西谷や山端まで行きます。





同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
三瀬車庫前
ジョイックス交通の広滝
石志
鳥羽院分校前
東高野岳
西高野岳
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 三瀬車庫前 (2022-08-02 19:49)
 ジョイックス交通の広滝 (2022-07-06 07:07)
 石志 (2022-07-02 07:07)
 鳥羽院分校前 (2022-07-01 07:07)
 東高野岳 (2022-06-04 07:07)
 西高野岳 (2022-06-03 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(1)昭和バス
この記事へのコメント
山深い地区まで取材されているのですね。
この地区はもう何年も行ってないので、
写真を見ながら懐かしく拝見しています。
親戚の実家近くです。

過去の路線には、
佐賀駅前~古湯温泉~北山中原~山端入口~細川~七山~唐津大手口
この直通運転は、昭和40年代1往復

昭和50年代には、古湯温泉~唐津大手口間の1往復となりました。

北山(古湯温泉)線、七山線、三反田線、三瀬(神埼)線、各線とも本線以外に支線枝線が多数設定されていて、目的地によっては、何通りも行ける所もありました。
Posted by メロンパン at 2022年07月30日 16:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。