地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2009年12月31日

ひとり遊び バスを探す

今年最後の記事になると思われますが、特に気負わずいつものテンションでw
一定の区間の中で、何台のバスを見られるか、というだけのことです。
わたしは西鉄電車に福岡から乗るときに、たまにやります。

視界が広いという点から、やはり先頭車両に乗るのがよいでしょう。
まず国体道路、それから城南線、山荘通り、とバス路線と交差しながら、
電車は南に向かいますので、バスがいそうな方向を予想して、
迷惑にならない程度に前後左右を移動して窓の外を眺めます。

踏切で停まっているバスに出会えたらポイント倍、とか、
勝手にその日ルールを追加することもあります。
「21」の大野城サティや「46」の井尻に出会えたら、なんとなく幸せになれます。
バス1台を1ポイントという等価で扱う場合、
雑餉隈営業所で何台のバスをカウントできるかで、ポイントが大きく変わります。

あまり挙動不審にならないようお気をつけください。
それでは、みなさまよいお年を。

同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事画像
『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました
佐賀駅バスセンターを挟む2019
多少の葛藤とともに
どんたく号
LED行先表示を眺めて
大坪の文脈
同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事
 『産交バスの終点へ』通販開始 (2020-09-23 16:16)
 『産交バスの終点へ』を蔦屋書店 熊本三年坂にてお買い求めくださった方へ (2020-09-17 20:59)
 『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました (2020-09-02 20:42)
 ちょんびん行程表独立のお知らせ (2020-09-02 19:55)
 佐賀駅バスセンターを挟む2019 (2020-05-11 17:17)
 多少の葛藤とともに (2020-04-19 20:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。